SONY純正レンズ“FE50mm F1.8”レビュー〜軽くて安くてボケ感が良い単焦点レンズ〜

レンズ

 SONYα7Ⅲと標準ズームレンズのFE24-105mm F4 G OSSをずっと使ってきたのですが…

 ある時、単焦点レンズも使ってみたいなと考えるようになりました。

 しかしながら、レンズはどれも結構な値段します…

 そんな中、探しているところ見つけたのが、SONYの“FE50mm F1.8”

 SONYの純正レンズの中では、比較的安く買えて尚且つ明るい単焦点レンズとなっています。

 このレンズも標準レンズ同様、4年近く使っています。

 今回は、このほぼ4年間使ってきた“FE50mm F1.8”をレビューしてみようと思います。

 長く使い続けてきたからこそ伝えれるリアルな声をぜひ聞いていってください!

 特にSONYユーザーでレンズ購入を考えている方には、かなり参考になる内容になっていると思います。

“FE50mm F1.8”簡単概要まとめ

 まずは、レビューをする前に“FE50mm F1.8”の概要を簡単に表でまとめてみました。

 表の内容は、SONYの公式サイトから引用し必要最低限の項目だけピックアップしています。引用元や詳細を知りたい方は、表の最後にURLを貼っておきますので、そちらをご覧ください。

名称FE50mm F1.8
型名SEL50F18F
レンズマウントソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ35mmフルサイズ
焦点距離50
レンズ構成 (群-枚)5-6
 画角 ・(APS-C) 32°
・(35mm判)47°
F値・(開放絞り)1.8
・(最小絞り)22 
絞り羽根 (枚)7
最短撮影距離 (m)0.45
最大撮影倍率 (倍)0.14
フィルター径 (mm)49
外形寸法 最大径x長さ (mm)68.6×59.5
質量 約 (g)186
“引用/参照元:Sony公式ホームページ「デジタル一眼カメラα(アルファ)FE24-105mm F4 G OSS主な仕様」→https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL50F18F/

実際に使ってみて…

 ここからは、実際に4年間使ってきて「ここは良い!」と思うポイントと、「ここはちょっと…」と思うポイントをまとめていきたいと思います。

◎ここは良い!

とにかく軽い

 FE50mm F1.8は、186gとかなり軽いレンズとなっています。

 開封時、それを強く実感できると思います。

 やはりレンズの軽さは正義で、手持ち撮影時の負担の軽減により長時間の撮影を可能にしてくれます。

 また、持ち運び時もこの軽さなら全然負担にならないので、2本目のレンズとしても容易に持ち運びができます。

 この軽さは、FE50mm F1.8魅力ポイントの一つです!

SONY純正なのに安い

 SONYの純正レンズは、ちょっと高い!というのが率直な意見です…

 しかしながら、このFE50mm F1.8に限っては35000円前後とかなりお手頃価格!

 他のメーカーのレンズの中でも、安い方の部類に入ると思います。

 SONY純正なのに、安く手に入る!ここもかなり推しポイントとなっています。

ボケ感が良い!

 FE50mm F1.8の最大のポイントは、このボケ感だと個人的に思っています。

 ふわりと柔らかいボケとふわふわ丸いボケが特徴的です。

 さらにFE50mm F1.8は、絞りがF1.8とかなり明るいレンズなので、優しい雰囲気を作り出すのに最適なボケみとなっています。

 この写真のような柔らかく優しい雰囲気が好きな方には、かなり良いレンズだと思います。

▲ここはちょっと…

オートフォーカスが少し遅い

 使用時に感じたのが、オートフォーカスが少し遅いということです。

 特に、遠くから近く、近くから遠くにピントを切り替える時に、それを強く感じます

 ウィーンウィーンと音を立ててピントを合わせようとするも、なかなか合わないということも多々ありました。

 もしかすると、標準ズームレンズと併用して使っているのが原因かもしれないですが、この部分はちょっと引っかかる部分ではあります。

焦点距離50mmというのが微妙…

 焦点距離50mmは、人が見ている感じに近いと言われています。

 そのため、散歩しながらのスナップ撮影にとても向いています。

 しかしながら、目の前の料理を撮ったり距離が取れないところで建物全体を撮りたかったりしたときに、この50mmというのがあだになってしまいます。

 また当たり前ですが、遠くにある被写体ピンポイントで撮りたい場合も撮ることができません。

 なので、個人的には焦点距離50mmというのが微妙だと感じました。(このレンズに限ったことではないですが…)

こんな人に向いている?向いていない?

 購入を検討している人のために、FE50mm F1.8は「こんな人に向いている」「こんな人には向いていない」という点でまとめていきたいと思います。

 判断材料にぜひ参考にしてみてください!

◎向いている人

SONY純正で安いレンズが欲しい人

 カメラのボディを買ったばかりでなるべくレンズにお金をかけたくない!

 1本目のレンズを買ったばかりだが2本目のレンズが欲しい!

 …といった人の中で、SONYの純正レンズを探している人にはもってこいの安いレンズだと思います。

構図を上手くなりたい人

 上の項目でも書いた通り焦点距離50mmは、人の見ている感じに近いと言われています。

 なので、カメラ初心者の練習によく使われているそうです。

 また単焦点なので、ズームで画角が変わることがありません。

 その為、シンプルに構図の練習に向いています。

 構図を練習したい人は、ぜひ単焦点50mmのレンズを使用し練習してみてください!その中でも、SONYユーザーならこのレンズで決まりですね。

スナップ写真をメインに撮る人

  こちらも、上の「ここは良い!」という項目でも書いたとおり、散歩中のスナップ撮影などにFE50mm F1.8は向いています。

 なので、スナップ写真をメインに撮っている人やスナップ写真が好きな人にはピッタリのレンズとなっています。

▲向いていない人

極端に近くや遠くの被写体を撮る人

 料理や小物などを撮る時にかなり寄って撮ったり、遠くにあるものズームして撮ったりすることはできません。

 その為、極端に近くのものを撮る人や鳥や木にある花や実などのように遠くのものをズームして撮る人には向いていないレンズとなっています。

色々な被写体を撮る人

 単焦点レンズなのでズームができないこと、焦点距離50mmであることなど、撮影の幅に制限が設けられている為、花・人・建物・料理・風景などなど色々な被写体を撮影対象にしている人にとっては向かないレンズとなっています。

 そういった人たちは、単焦点レンズではなくズームレンズなおかつ焦点距離の幅があるレンズの購入をオススメします。

まとめ

 ここまで、FE50mm F1.8のレビューを行なってきました。

 FE50mm F1.8は…

 軽い!安い!ボケ感が良い!の3拍子が揃ったSONY純正の単焦点レンズです。

 特にカメラが上手くなりたいカメラ初心者にはオススメ!

 これからも、 FE50mm F1.8を使ってたくさん写真を撮っていきたいと思っています。

 また、こちらのブログでは随時カメラ関連のアイテムのレビューを行なっていきますので今後ともチェックしてみてください!

 ブログだけでなくSNSにも力を入れていますので、良かったら“いいね”や“フォロー”よろしくお願いします。

⬇︎⬇︎⬇︎

《個人SNS》

 ◇写真の投稿(Instagram)

→[てぃんば🌱自然写真研究所出張所]https://twitter.com/timbernaturepic

 ◇カメラの知識や技術の記録(Twitter)

[てぃんば🌱カメラ歴10年 自然写真研究家]http://www.instagram.com/friend24trees

コメント