こんなものも買えるの!?DAISOの“カメラ三脚4段”レビュー!〜とにかく安すぎる三脚〜

三脚

 な・なんと…DAISOでカメラ三脚を発見しました!

 なので、今回は、DAISOの“カメラ三脚4段”を実際に使ってみてレビューしていこうと思います。

 三脚の購入を検討されている方は、参考までにぜひ最後まで読んでいってください!

カメラ三脚4段 簡単概要まとめ

 まずは、レビューをする前にDAISO“カメラ三脚4段”の概要を簡単に表でまとめてみました。

最高の高さ1050mm
縮めた時の長さ350mm
重さ335g
段数4
最大搭載質量約2kg
素材アルミニウムABS
主な特徴・4段階
・左右回転固定ネジ
・カメラ台調節ネジ
・1/4インチ標準規格ネジ穴
・水準器
・角度調節ハンドル
・脚ロックレバー
・滑り止め石突
・ホルダー付き

開封してみた…

同梱品

  • 三脚本体
  • スマホホルダー

開封してみて思ったこと…

 箱から出してまず思ったことは、とにかく軽いということです!

 本当にこれでカメラを支えることができるのかというのが心配になる程軽く感じました。

 あとは、見た目が少しちゃちいと感じました。

 こちらも軽さ同様、カメラを支えることができるのか心配になりました。

 率直に、開封時の感想はカメラが支えれるのかという心配でマイナスの印象が強かったです。

実際に使ってみて…

 ここからは、実際に使ってみて「ここは良い!」と思うポイントと、「ここはちょっと…」と思うポイントをまとめていきたいと思います。

◎ここは良い!

税込550円で買える!

 三脚は、安くても2000円前後するものです…

 その点、DAISOの三脚は税込550円で買うことができます。

 三脚界では、破格の価格!

 この価格の安さは、この三脚の最大のポイントだと思います。

非常に軽い

 開封時にすでに感じたことですが、三脚本体がとても軽いです。

 他の三脚と比べると1/2くらいの重さしかありません。

 この軽さは、持ち運び時の負担をかなり軽減してくれます。

 軽さもDAISOの三脚の魅力の一つでと思います。

スマホでも使える

 こちらの三脚には、スマホ用ホルダーが付属しています。

 その為、カメラだけでなくスマホ用の三脚としても使用可能です。

 スマホのカメラが進化している中、この付属品はとても良いと思いました。

▲ここはちょっと…

安定感がない

 カメラが支えられないほどではないが、シャッターを押すときに少し安定感に欠けているように感じました。

 こちらの三脚は、最大搭載質量約2kgありますが、その2kgの中でもボディやレンズの重さが重くなった時その安定感の無さを特に強く感じます。

 安定感がないという点は、この三脚にとって大きなマイナスポイントかなと思っています。

アングル調整が微妙

 カメラのアングルを調整する、カメラ台調節ネジや角度調節ハンドルはちゃんとこの三脚についています。

 しかしながら、カメラのアングルを細かく調節できるほどの性能はないなと使っていて感じました。

 その為、思い通りのアングルで撮ることが難しいのがちょっと残念な点です。

見た目にちゃちさがある

 税込550円で買えるのである程度は目をつぶらないといけないと思いますが、少し見た目のちゃちさが目立ちます

 特に、角度調整ハンドルの安いプラスチック感と脚の安いアルミ感が目につきました。

 やはり、多少は見た目に気を使って欲しいなと個人的に思っています。

こんな人に向いている?向いていない?

 購入を検討している人のために、DAISOの “カメラ三脚4段”は「こんな人に向いている」「こんな人には向いていない」という点でまとめていきたいと思います。

 判断材料にぜひ参考にしてみてください!

◎向いている人

軽いカメラを使っている

 コンパクトデジカメやボディ、レンズが軽いものを使っている人にとっては、とても魅力的な商品だと感じました。

 重いカメラの時に安定性が欠けるだけで、全く問題なく使えます。

 しかも、税込550円で購入可能です!

 なので、軽いカメラを使っている人にとってはかなり使える三脚だと思います。

メインの三脚を見つけるまでの繋ぎ

 何度も書いて申し訳ないのですが、とにかく安いのがこの三脚の魅力です。

 ただメインの三脚としては、心もとないのも正直な意見です。

 なので、いずれは自分に合ったメインの三脚を見つけていく必要があります。

 しかし、そんな三脚をすぐに見つけるのは難しいです。

 そこで、見つけるまでの三脚として安くてそこそこ使えるこの三脚はもってこいだと思いました。

 自分に合った三脚を探している最中の人にはとても向いています!

▲向いていない人

本格的にカメラをやっている人

 カメラの仕事をしている人や趣味でカメラにお金をかけている人たちなど、本格的にカメラをやっている人には向きません。

 というのも、安定性が少し欠けているのでブレが多少生じます。

 このブレは、本格的にやっている人にとっては致命的です。

 なので、カメラを本格的にやっている人は買わない方が良いと思います。

重たいボディやレンズを使っている人

 重たいボディや望遠レンズなどの重たいレンズを使っている人には、この三脚は向いていません。

 理由としては、何度も書いている通り三脚自体の安定性が少し欠けているからです。

 またこの三脚は、軽量化を重要視しているあまり、脚が非常に細くなっています。

 なので、重たいボディやレンズを取り付けることで倒れてしまう可能性が高くなってしまいます。

 ボディやレンズは高価なものですので、重たいボディやレンズを持っている人は本格的な三脚の購入をオススメします。

まとめ

 ここまで、DAISOの“カメラ三脚4段”のレビューを行なってきました。

“カメラ三脚4段”は、

 …とにかく安すぎる三脚です!

 もし、興味が湧いたらDAISOに行ってみてください!

 最後に、三脚つながりで“とても良い!”と思った三脚の記事も載せておきます。

 ぜひチェックしてみてください✨

⬇︎⬇︎⬇︎

KenkoTokinaの三脚 “SLIK LEPTOS A294 BH”レビュー!〜使いやすさと細かな気遣いの詰まった三脚〜
 KenkoTokinaさんから三脚 “SLIK LEPTOS A294 BH”の提供をしていただきました。 なので、今回は、“SLIK LEPTOS A294 BH”を実際に使ってみてレビューしていこうと思います。 三...

  

 ブログ以外にSNSにも力を入れています!

 良かったら“いいね”“フォロー”お待ちしております。

⬇︎⬇︎⬇︎

《個人SNS》

 ◇写真の投稿(Instagram)

→[てぃんば🌱自然写真研究所出張所]https://twitter.com/timbernaturepic

 ◇カメラの知識や技術の記録(Twitter)

[てぃんば🌱カメラ歴10年 自然写真研究家]http://www.instagram.com/friend24trees

コメント