歯ぎしりが激しいので“デンタルマウスピース”買ってみた!

 結構悩んでいるのですが…

 実は、寝ている時の歯ぎしりが激しいんです!

 特に、寝始めや起きかけの時にギコギコしてしまいます。

 歯ぎしりは、歯を削ってしまい歯が欠けてしまう可能性があります。

 というのも、私の友達も歯ぎしりのせいで歯が欠けてしまい、歯医者に通院する羽目になりました。

 そうなる前に予防するために、マウスピースを購入することにしました。

 (※本来は、歯医者に行く方が良いのですが…)

 今回は、実際に歯ぎしり対策で買ったマウスピースのメリット・デメリット、購入した“デンタルマウスピース”の開封レビューをまとめてみました。

◇歯ぎしり対策マウスピースのメリットデメリット

◆メリット

○歯ぎしりが解消

 歯ぎしり対策でのマウスピースなので、当たり前なのですが歯ぎしり解消されます。マウスピースをつけることによって、歯と歯の擦れがなくなり、歯が欠ける心配がなくなります。また、歯並びも多少変わるので歯ぎしりしないようにもないります。

(※この点は、歯医者で自分にあった矯正をした方がいいかもしれません…)

○コストを抑えて解消できる

 マウスピースは、安いもので1000円くらいで買えるものがあります。つまり、安価で歯ぎしり対策が行えるのはメリットと言えるでしょう。仮に歯医者で矯正を行う場合、ウン万円ないしはウン十万…ウン百万と費用がかかってしまいます。

◆デメリット

▲痛い

 マウスピースは、無理矢理歯にはめ込んでいることもあり、つけていると痛みを感じます。この痛みにまず慣れるのが大変です。

(※説明書をしっかり読んで、使用時間をお守りください!)

▲ゴム(樹脂)の匂いに慣れない

 マウスピースは、大体の場合ゴムや樹脂でできているものが多いです。やはり、ゴムや樹脂は口の中に入れるものではないので匂いや独特の味に慣れるのに時間がかかります。

▲寝ている時、息ができるか不安

 歯ぎしり対策のマウスピースは、寝ている時につけておくものがほとんどです。そのため、寝ている時に息ができなくなるのではないかという不安が出てきます。特に、口呼吸の人はさらに不安になります。

▲変な矯正にならないか不安

 歯医者での矯正は、その人その人にあった歯の形の矯正になります。しかし、購入したマウスピースの場合すべて同じ形です。そのため、自分にあったものでなく変な矯正にならないか不安になってしまいます。

◇“Cutona デンタルマウスピース”開封の儀

 マウスピースをネットで探している中で見つけたのが、“Cutona デンタルマウスピース”です。

 さっそく、この“Cutona デンタルマウスピース”を開封していきます。

 まずは、箱のデザインをみていきましょう!

 上の写真を見てください。

 箱の表裏の写真となっています。

 ライトグリーンとホワイトのクリーンなイメージになっています。 

 まさに、病院のような清潔感を想像させます。

 デザイン自体はとてもシンプルで、表には商品の写真と商品名、裏は商品の説明が載せられています。

 では、中をみていきましょう…

〈Cutona デンタルマウスピース内容物〉

  • マウスピース×3
  • マウスピースケース
  • 説明書

この商品の一番のポイントは、3つのマウスピースが入っていることです。

これは、徐々に矯正できるように硬さの違うマウスピースが入れられています。

また、専用のケースも入っているのは嬉しいポイントとなっています。

◇“Cutona デンタルマウスピース”レビュー

 “Cutona デンタルマウスピース”を実際に使ってみて良かった点・少し残念だった点をレビューしていきたいと思います。

〈良かった点〉

  • 3つの硬さの違うマウスピースが、徐々に矯正してくれてあまり無理せず続けていける
  • 2500円前後という手にしやすい価格帯
  • ケースがついているので、持ち運びが便利

〈少し残念な点〉

  • 少し装着時、痛みがある
  • 使っていると変形していく

◇まとめ

 マウスピースは、歯ぎしり対策にはとても優れている商品だと感じました。

 しかしながら矯正という観点では、自分の歯の形にあったものでないのでちゃんとした矯正になるのか不安要素があります。

 そのため、矯正したいのであればコストがかかりますが、歯医者に行くことをおすすめします!

 また、今回紹介した“Cutona デンタルマウスピース”は、三段階のマウスピースが魅力的で尚且つ手にしやすい価格帯というのがポイントの商品です。

 マウスピースを買う際は、是非ともチェックしてみてください!

 これからも、日頃の悩みを解決する商品をどんどん紹介していこうと思っていますので楽しみにしていてください。

Follow me!