奥日光の戦場ヶ原に行ってみた!

 天気が良い日は、車を走らせたくなる方が多いのではないでしょうか?

 そんな方にぴったりの場所が栃木県の日光にあります。

 その場所は、戦場ヶ原!車を走らせていくには、もってこい場所です。

 さらに今は紅葉の時期で、戦場ヶ原に向かう道中の景色はとても見ものとなっています。

 私も車を走らせてらせて実際に行ってみたので紹介したいと思います。

 この記事を見た方は、是非戦場ヶ原に訪れてみてほしいです。

◇奥日光の戦場ヶ原に行ってみた!

◆戦場ヶ原とは

 戦場ヶ原とは、栃木県の北西部にある“奥日光の湿原”としてラムサール条約に登録された湿地です。

 湿地帯に生息しているオオジシギやノビタキなどの鳥類の繁殖とワタスゲやレンゲツツジなどを含む100種類以上の湿原性植物の生息が確認されています。

 「戦場ヶ原」という名は、中禅寺湖をめぐった男体山の神と赤城山の神の戦いの戦場だったという神話からきています。

 戦場ヶ原は、ハイキングやサイクリングなどでも人気となっています。

 実際に行ってみて、どこまでも広がる戦場ヶ原の景色を眺め、こころを落ち着かせてみてはいかがでしょうか?

◆戦場ヶ原のオススメ箇所

■戦場ヶ原展望台

 戦場ヶ原の広大な景色を見渡せる箇所です。

 上で載せている写真が戦場ヶ原展望台で撮ったものとなっています。戦場ヶ原に来たら、メインスポットですので必ず寄るようにしましょう!

 広大な景色が小さな悩みを消してくれるかも…(※個人の意見ですが)。

 展望台で景色を見たらその脇に小道があるのでそこに行ってみてください。

 木で作られた小さな道が真っ直ぐと伸びています。

 そこでは、道の左右に木々が並んでいて普段味わえない感覚を味わえます。

 四季が変われば木々の色も変わるのでまた違う感覚を味わうことができるでしょう。個人的には、緑生茂る夏に行ってみたいものです。

■戦場ヶ原三本松

 大きな男体山とカラマツを眺めることができる芝の広場と一休みできる机とベンチがあるスポットです。

 紅葉の今の時期は色づく男体山と黄色いカラマツを楽しむことができます。

 芝の広場とカラマツの間に備え付けられた机とベンチで一休みすることができます。

 少し肌寒いこの時期はあたたかいコーヒーやお茶を片手に男体山を眺め、暖かい季節になれば弁当を持ってきて食べるのもいいかもしれませんね。

■お食事処・お土産処

 日光の名物ゆばや蕎麦などを味わうことができます。

 カレーやラーメンなどもありますのでお子様にもご安心な食事処となっています。

 また、栃木の名物のお土産も数多く取り揃えているのでお帰りの際に寄ってみてください。

◇まとめ

 今回は、車を走らせてらせドライブがてら戦場ヶ原に行ってみましたが、戦場ヶ原の広大な景色に圧倒されまた行ってみたいと感じました。

 次回行く時は、緑が生茂る夏に行ってみようと思います。

 多分、今回とは違う感覚を味わえることでしょう。

 また、車ではなくハイキングやサイクリングで訪れるのもいいかもしれませんね。

 栃木県には、まだまだ良いスポットが数多く存在します。

 どんどん行ってみて、どしどし投稿したいと思います。

 今回もありがとうございました。

Follow me!