とちぎ花センターに行ってみた!

 台風や大雨の悪天候が続く中、ポッと天気が良くなったので自分の気持ちも晴らすため、花を見ようと思いました。

 そこで、栃木県で花が見れる場所として”とちぎ花センター“に行ってみることにしました。

 とちぎ花センターに行く道中、ビニールハウスがグチャグチャになっていたり土砂が残っていたりと台風の被害の痕が残っていました。

 「こんな大変な時に…」と思っている人もいると思いますが、逆に栃木県などの被害を受けた県にいって活気づけることが少しでも助けになるのではと思っています。

 今回の投稿では、「栃木県にはこんなところがある!」とか「とちぎ花センターはいいところだな」と思ってもらい、栃木県に行ってみようと少しでも思ってもらうことが狙いとなっています。

 それでは、とちぎ花センターの魅力に迫っていきます。

◇とちぎ花センターにいってみた!

 とちぎ花センターとは、栃木県栃木市の大型温室やバラ園のある植物園です。

 ここでは、季節ごとの花の展示やイベント、体験などが行われています。

 カフェや売店もあるのでほっと一息つけ、お土産も買うことができます。

 とちぎ花センターを施設ごとにご紹介!

◆大花壇

 年に3回の花の植え替えと季節ごとのデザインと花を楽しめる大きな花壇です。

 坂状になっている花壇に広がる色とりどりの花々は圧巻です。

 私が行ったときは、パンジーでした。白や黄色の花と青空のコントラストがなんとも言えませんでした。

◆展示温室

 とちぎ花センターのスタッフが手塩にかけて育てた花々が展示されているビニールハウスの温室です。

 丁寧に育てられた花の美しさはもちろんですが、虫たちが蜜を吸っている姿も楽しむことができます。そのショットも載せておくことにします。

 すごく動きが速いので何度もシャッターをきり、やっとこさ撮れたのがこの一枚です。

 甘そうな蜜を美味しそうに飲んでいるのが分かります。

◆バラ園

 とちぎ花センターの目玉といっていいバラが広がる庭園です。

 約450種のバラと青バラが見ものです。

 今回は、時期が悪かったせいか綺麗なバラがなく枯れかけているのがほとんんどでした。

 唯一赤いバラがポツリと咲いていたので、とっさにシャッターをきったのが上の写真です。

 まるで、一時期流行った”星の王子さま“に出てくるバラのようでした。

 バラの見頃の時期に行けば、一面に広がる綺麗なバラの花々に囲まれることができるので5月から6月にかけてがオススメです。

◆とちはなちゃんドーム(鑑賞大温室)

 熱帯・亜熱帯・砂漠地域の植物が展示されている、とちぎ花センターのメインの施設です。

 この温室に入館するのに、大人400円/子供200円(※時期で値段が変わります)の入館料がかかります。

 館内は、温室以外に季節に応じた企画展が開催されています。

 作り込まれた展示物は、美しくまた面白みを帯びていました。

 企画展の写真も下に貼っておきます。(今回の企画展は、「フラワーアート植物展」です)

◆とちはなちゃんのはなカフェ

 コーヒーや紅茶、ソフトクリームなど一息つける園内唯一の食事場です。

 カレーライスなどの軽食も用意されています。

 室内の他にテラス席備わっていて、一面に広がる花々を見ながらお茶をする優雅なひと時も味わうことができます。

 行った時間がお昼時だったのでハンバーグビーフカレーを頼んでみました。

 肉汁しっかりのハンバーグと本格的なビーフカレーの相性は抜群でした。

 ハーブティーもいくらかあり、その中に季節限定のハーブティーがあったので頼んでみました。

 ”マロウブルー“というウスベニアオイのハーブティーです。

 季節限定と珍しさと綺麗な色に惹かれて注文しました。

 味はそれほど強くないですが、ほんのりと優しい花の香りを感じることができます。

 なんと言っても透き通る青紫色に癒されました。

 甘さを加えるために備え付けられたレモン果汁の入った砂糖をいれてみました。

 そうすると…

 綺麗なピンク色に変化しました!

 色の変わる瞬間の驚きとレモン果汁の砂糖のさっぱりとした味わいを楽しむことができました。

 目と舌の両方を楽しませてくれるハーブティーとなっているので、是非試しに一杯いかがでしょうか?

◆とちはなちゃんのお花屋さん

 色とりどりの種類豊富な花を取り扱っているお花屋です。

 家でもとちぎ花センターで味わった花の美しさを家でも感じられるようにお土産にどうでしょうか?

◇とちぎ花センターおすすめフォトスポット

◆カップルおすすめ中央広場

 中央の広場に花壇が並び、とちぎ花センターのマスコットキャラクターがうつっているハートのボードがあります。

 ハートの中に入って記念撮影!まさにカップルにもってこいのフォトスポットとなっています。

 ハロウィンだったのでカボチャの飾り付けがされていました。

 もう少し経つと紅葉シーズンになり、山々が紅く色づいた頃にここで写真を撮ると、また違った印象の記念写真が撮れるでしょう。

◆とちはなちゃんドーム内の色々なベンチ

 とちはなちゃんドーム内には、色々なベンチが備え付けられています。

 葉っぱの隙間から座っている人の写真をパシャリ!

 上に登れるところでは、上から座っている様子を撮ってみるのもいいかもしれません。

 葉っぱや木々に囲まれてた中でベンチを上手く使いポートレートを撮ってみましょう。

◆とちはなちゃんドーム内葉っぱの隙間を潜る通路

 とちはなちゃんドームの中では、もう一つフォトスポットがあります。

 それは、葉っぱや木々が生茂っている中を通ることができる通路があります。

 少し薄暗い感じがリアルからかけ離れた不思議な雰囲気で撮影することができます。

 映画のワンシーンのような写真を撮ることができるでしょう。

 是非やってみてください!

◇とちぎ花センター基本情報について

 とちぎ花センターについて簡単に表にしてみました。

とちぎ花センター簡単早見表

〈項目〉 〈内容〉
・名称 とちぎ花センター
・住所 栃木県栃木市岩舟町下津原1612
・開園時間

9時から17時(3月から10月)

9時から16時半(11月から2月)

・休園日

月曜日(※祝日の場合は翌日)

年末年始

3月から5月は無休(5/7、13休園)

・入園料・駐車料

無料

※とちはなちゃんドームは、大人400円/子供200円(10/1以降、大人410円)

・アクセス

・車→(東北自動車道)佐野藤岡ICから小山方面へ約5分、(北関東自動車道)佐野田沼ICから約25分

・電車→東武日光線静和駅から6㎞、JR両毛線岩舟駅から約4㎞

・バス→JR栃木駅南口からふれあいバス岩舟線(東回り)で約30分

・ホームページ http://www.florence.jp/

 入園料無料で季節ごとの花を楽しるなかなか素晴らしいスポットと言えます。(※鑑賞大温室に入る場合は、お金がかかります。)

とちぎ花センターの詳細はこちらのホームページからどうぞ(イベントや展示の情報も載っています)

◇まとめ

 季節で花を見ることができる整備された植物園に無料(※一部有料)で入園できるのだからとても素晴らしい施設と言えるでしょう。

 私のとちぎ花センターでのイチオシは、とちはなちゃんのはなカフェのテラス席で季節限定のハーブティーを飲みながら大花壇一面に広がる花々を見ながらゆっくりと一息することです。

 是非みなさんもやってみてください。

 今回は台風の被害の痕が残る大変な時期の紹介となっていますが、この記事を読みとちぎ花センターにいって花を見て心を少しでも癒して貰えばという思いで書きました。

 また、他県の方々は栃木に足を運び盛り上げていただきたいと思っています。

 どうぞ、よろしくお願いします。

 最後に今回のベストショットを貼ってお別れとしたいと思います。

 読んでいただきありがとうございました。

Follow me!