イルミネーション4年連続全国1位あしかがフラワーパーク“光の花の庭”

待ってました!

イルミネーションの季節”!

カラフルな光が街を照らし、冷えた心と体をあたためてくれますよね…

個人的に大好きな季節です!

そんな素晴らしいイルミネーションを楽しめるスポットといえば…

あしかがフラワーパーク』!

illumination AWARDを4年連続で全国1位をとるだけあって、実際に行った時の感動はものすごいです。

今回はその感動を伝えつつ、あしかがフラワーパーク“光の花の庭”の魅力に迫っていきたいと思います。

寒くて心と体が冷えるこの季節にぴったりのスポットなのでブログの内容を参考に実際に行って自分の目で確かめていただきたいです!

イルミネーション4年連続全国1位あしかがフラワーパーク“光の花の庭”

◇あしかがフラワーパーク“光の花の庭”について

あしかがフラワーパークのイルミネーション“光の花の庭”は、今年で19回目。

2017年に日本三大イルミネーションに選ばれています。

100,000㎡もある広さの園内に500万球を超えるイルミネーションは関東最大級です。

illumination AWARDでは、4年連続全国1位になりました。

広大な園内に広がる綺麗なイルミネーションは、驚き感動を与えてくれます。

開催期間

  • 2020年10月17日〜2021年2月7日

営業時間

  • 16時半〜20時半(土日祝 21時まで)※光の花の庭の時間です!

入場料

  • 大人 1000円 / 小人 500円

休園日

  • 12月31日(木)

◇あしかがフラワーパーク“光の花の庭”魅力ポイント

あしかがフラワーパーク“光の花の庭”には、魅力的なポイントがたくさん詰まっています。

公式のサイトで紹介されているスポットと共に実際に見て感動した点を踏まえて紹介していこうと思います。

◆光のバラ園ブルーライトアップ

あしかがフラワーパーク公式のサイトで一番押しているスポットが、光のバラ園のブルーライトアップ演出です。

全体的なライトの色をブルーで統一し、幻想的な雰囲気のスポットとなっています。

自然の花では表現が難しい青を基調としているので、一面に広がる空間に入ることで不思議な感じを与えてくれます。

また、この青色の美しさに感動を覚えます。

このエリアは、全体的に見ても見てもかなり美しいのですが、ひとつひとつのバラの形をしたイルミネーションだけを見てもとても美しいものとなっています。

上の写真がバラの形をしたイルミネーションの一つをアップで撮ったものとなっています。

実に美しい…

さらに、このバラのイルミネーションは色を変化させながら光っているのでさらに感動を覚えます。

ピンク・黄色・白・紫・青と変化していくのでこのエリアだけでも十分満足できます。

ちょうど、紫の時に撮ったものとなっています。

どこか妖艶さを感じる仕上がりになっていると思います。

実際に行って、自分の好みの瞬間をおさめてみてはどうでしょう!

◆4色の藤の移ろい光のふじのはな物語

あしかがフラワーパークといえば、“藤”!

イルミネーションで表現された藤は絶景で言葉を失うほどです…

また、見頃の時期の違う4色の藤を一箇所で見ることできるのはイルミネーションだから可能にしてくれています。

綺麗さからの感動とお得感を体感できるスポットとなっています。

みんなも納得する一番の見どころと言っていいでしょう!

このスポットは、上だけを見て楽しんではいけません…

水面に反射する藤を一緒に楽しむのがポイントです!

さらにさらに!このエリアの魅力ポイントが…色の移り変わりです

黄色、ピンク、紫などの単体色で光ったり、端から波のように広がっていったり、枝のように広がる演出であったりと光の移り変わりがとても感動的です。

写真は、ほんの一部…

このエリアの感動は実際に行って見ないと分かりません!

◆花と光に彩られた幻想的なお城フラワーキャッスル

このフラワーキャッスルエリアは、白く輝くお城と音楽に合わせて光る花火や花達が魅力的なスポットとなっています。

他の場所のしっとり感を楽しむ感じとは違い、軽快な音楽とそれに合わせて光るイルミネーションを目と耳で楽しむことで元気な気持ちになるエリアとなっています。

またお城のテラスに登れたり、お城の中に入れたりでき王様やお姫様気分も味わうことができます。

上の写真が実際に中に入って、見上げた時に撮った一枚です。

白い壁とバラで敷き詰められた空間は、とても気分が上がりました。

ちょっと、結婚式場みたいでした…笑

おすすめフォトスポットの一つ!ここでシャッターを切らないと勿体ない…

◆リアリティ溢れる光の壁画レインボーマジック

あしかがフラワーパーク園内の外壁がイルミネーションの壁画となっています。

遠くからでもすぐにわかるスポットとなっています。

未来へと続く、夢と希望の架け橋となる魔法がかかった虹のイルミネーションだそうです。

大きなイルミネーションの壁画の迫力と分かりやすい演出が魅力のスポットとなっています。

実は、写真で撮るには一番難しかった場所でした…正直失敗したと反省しています(泣)。

写真よりも何倍も綺麗なので実際に行ってみてください!

個人的にこのエリアでのお気に入りが、蒸気機関車が空へと進んでいるイルミネーション。(多分栃木の大樹という蒸気機関車かと…)

「未来に向かって頑張ろうと思える場所だな」と勝手に個人的に思っています。

この章の最初に載せている写真のように綺麗な景色の一部に取り入れると、なお趣深い景色になります。

いや〜良かったなぁ〜

◆まだまだ魅力がいっぱい

あしかがフラワーパークの魅力ポイントは、これだけじゃありません…

上の写真が『みんなの地球』というエリアです。

水面を利用して光の量を2倍にしているようです。

違う二つの世界の境界線のような不思議な感じがとても良かったです。

ちなみに、左手前の白い船に乗ることができます。

船からの景色は写真を撮った場所とは違う見え方で、不思議な世界の一部に自分が入ったかのような感覚を体験することができます。

特にカップルにはぴったりの場所で、二人の世界に入ることができます!

他の人がいることを忘れないようにしてくださいね(笑)。

このエリアは、藤の天井の下で椅子に座って寛げるスポットとなっています。

薄ピンクに輝く藤のイルミネーションは、あたたかい気持ちにさせてくれます。

また中央には大きなツリーのイルミネーションがあり、藤とツリーを一緒に見ることができる贅沢な場所となっています。

(※気持ちはあたたかくなりますが、実際はかなり肌寒かったので防寒はしっかりとしたほうがいいですよ!)

こちらが日本の四季「こころの故郷」です。

光の壁画で日本の四季を表現したスポットとなっています。

この写真は、ちょうど七夕の情景の時の写真となっています。

どこか懐かしささえ感じる心安らぐ場所でした。

こちらは、花占いができるスポットです。

ボタンを押すと光の色が映り変わり、光が止まった時の色が占いの結果となっています。

色は4色で黄色が「笑顔」・青が「希望」・ピンクが「愛情」・緑が「元気」となっています。

ちなみに私は青でした!

青になると思って押して青になったので少し驚きました…(個人的な話です…笑)

ここにあげた魅力ポイント以外にも、あしかがフラワーパーク“光の花の庭”には、まだまだ載せきれないほど魅力的なところがいっぱいです!

実際に行ってみて自分だけの好きな魅力ポイントを探してみてはいかがでしょう!

◇ミニマイフォトギャラリー

『藤の花〜ツリーとともに』

藤の花と大きな大きなクリスマスツリーを一緒に撮った一枚です。

藤の花とクリスマスツリーの主役争いを一枚の写真で表現してみました。

なんとも贅沢な一枚です。

クリスマスツリーが思いのほか大きく、単焦点レンズのみで行動していたこの日にとっては、なかなか難易度の高い撮影でした。

必死に下から見上げるように撮っていたので、周りから見ると変なやつだと思われていたことでしょう…

撮るときの姿は、結構ひどい時が多いです…でも良い写真を撮るためなので恥ずかしさを捨てています。

闇夜に光るダイヤモンドの輝き

ピラミッド状のイルミネーションが水面に反射して写り、綺麗なダイヤモンド状になっていたのでパシャリ!

暗い闇夜の中で輝いているダイヤモンドを表現してみました。

水面反射がとても綺麗なスポットだったのでシンメトリーを意識して撮っています。

単焦点レンズのわりには、なかなか綺麗に撮れたのではないかと思っています。

羨ましい世界

華やかな世界に憧れを持っているがそちらの世界に行けない…

でも華やかな世界を諦めきれず、そっと木の隙間から覗き込むシーンを想像して撮った写真です。

生茂る草の形がちょうどフレームのような感じになっていて、隙間から見える綺麗な光景がとても魅力的でした。

直接華やかなイルミネーションの光景を見るのと少し違って、羨ましさという違う感情で見ることができます。

一度皆さんもやってみて欲しいと思います。

美しいものは何処でも美しい

藤のイルミネーションを水面だけフレームインして撮った作品です。

藤のイルミネーションそのものはもちろん綺麗ですが、水面に写る藤にイルミネーションがとにかく綺麗すぎて、そちらだけを撮ってしまいました。

美しいものは何処でも美しいと感じたので、その気持ちを載せて撮っています。

個人的に“光の花の庭”は、この場所のような水面にこそ魅力があるのではないかと思っています!

必死

あしかがフラワーパーク内の端にある水路を撮った一枚です。

美しい光の壁画を水さえも必死に見ようとしている様子を撮りました。

真ん中に集まる噴水の水の形が必死に見たいものを見ようとする子供のように思えました。

水とイルミネーションの相性は抜群だと感じました。

まとめ

イルミネーションといえば、あしかがフラワーパークと言っても過言ではないほど美しく感動的なスポットであると感じました。

正直、写真と言葉では魅力の100分の1ほどしか伝えることができていません…

実際に行って体感してもらうしか、本当の感動を味わうことができないでしょう!

ぜひ、機会があれば行って見て欲しい…

本当に最高のスポットです…

まだ知らない素晴らしいスポットは、まだまだあるでしょう…これからもそんな素晴らしいスポットを追い求め走り続けたいと思います。

今後の投稿楽しみにしていてください!

ではまた!

【過去に書いた足利フラワーパークの記事】

http://friendtree.jp/journey/ashikagaflowerpark25thmay2020/

【足利フラワーパーク公式サイト】

http://www.ashikaga.co.jp

Follow me!