蝶と一緒に遊べて子供の頃を思い出せる広島の観光スポット“広島市森林公園こんちゅう館”

 子供の頃は、虫が好きでよく捕まえに行った記憶がある人も多くいるのではないでしょうか?

 特に「カブトムシのかっこ良さ」や「蝶の美しさ」には多くの人が魅了されています。

 そんな、カブトムシのカッコ良さを間近に見れて多くの美しい蝶々と一緒の空間でいられる。

 また、それ以外の珍しい虫を観察することができる観光スポットが広島にあります。

 それが、“広島市森林公園こんちゅう館”!

 “広島市森林公園こんちゅう館”は、昆虫を観察することができさらに昆虫のことを学ぶことができる

 それに加え、「子供は子供らしく楽しめ」て「大人は子供の頃を思い出せる」スポットとなっています。

 是非ともその感覚を体感してもらいたいと思ったので、ご紹介していきたいと思います。

蝶と一緒に遊べて子供の頃を思い出せる広島の観光スポット“広島市森林公園こんちゅう館”

◇“広島市森林公園こんちゅう館”の基本情報

【営業時間】

 → ・9:00〜16:30(入館は16:00まで)

【休館日】

 →・水曜日(水曜日が祝日の場合は営業、翌日休み)

  ・年末年始(12/29〜1/3)

【入館料】

個人 団体 年パス
大人(18〜65歳未満) 510 430 1560
シニア(65歳以上) 170 130 510
小人(高校生) 170 130 510

 ※中学生以下は無料

 ※団体は30人以上から

 ※年間パスポートは、広島市森林公園こんちゅう館・安佐動物公園・広島市植物公園の3園共通となっています。

【駐車料金】

軽自動車・普通自動車・準中型自動車(小) 450円/日
準中型自動車(大)・中型自動車・大型自動車 1400円/日
二輪車 無料

【アクセス】

 →〈車〉 ・広島東インターから約10分

      ・広島駅から約30分 

  〈バス〉・広島バス小河原車庫行「登石」停留所下車 徒歩約60分

      ・広島バスセンター始発:広島バス29号深川線

【施設スポット】

 ▷《パピヨンドーム

 →1年中ドーム内で、沖縄の種類を中心とした約10種500頭の蝶を見ることができるスポットとなっています。

 ▷《生きた昆虫の展示

 →外国・水辺・夜行性・林や草原をテーマにした昆虫たちを展示しています。

 ▷《昆虫のからだのつくり

 →体の各部位を色付けされたカブトムシの模型で、昆虫のからだのつくりについて学べるスポットです。

 ▷《多目的ホール・がくしゅう室

 →ビデオ放映・昆虫教室・特別企画展示が行われる場所です。

 ※もっと詳しく知りたい方は、最後に広島市森林公園こんちゅう館の公式ホームページを載せておきますので、そちらをご覧ください!

◇“広島市森林公園こんちゅう館”のおすすめポイント3選

 広島市森林公園こんちゅう館には、おすすめしたいポイントが沢山あります。

 そんな中で、実際に行ってみて特におすすめしたいポイントを3つに絞って紹介していきます。

❶ 蝶と一緒に遊べる!

 広島市森林公園こんちゅう館の一番の推しポイントが、沢山の蝶が舞っているパピヨンドーム内で蝶を間近で観察できることです!

 パピヨンドーム内では、約500頭の蝶が目の前で優雅に飛んでいるので、まるで一緒に遊んでいるかのような体験ができます。

 ※自分から触りにいったり、捕まえにいったりしてはいけません!

 蝶が自分の腕に止まった時は、懐いてくれている犬や猫のような愛着が湧いてきます。

 また、綺麗な羽をヒラヒラと羽ばたかせて飛んでいる姿は、とても美しく見物です。

 そんな蝶たちの中で、お気に入りの蝶の種類ベスト3を勝手に付けてみました。

『お気に入りの蝶Best3

[第3位:オオゴマダラ]

白くて大きな羽と黒いまだら模様が特徴、腕に止まったので愛着が湧きました!

[第2位:クロアゲハ]

黒い姿がとにかく美しく、そしてかっこ良いのが印象的でした!

[第1位:リュウキュウアサギマダラ

薄い水色の羽がとても綺麗で、一番惹きつけられました!

 

 パピヨンドームでは、蝶だけに目がいきがちなのですが、ドーム内に咲いている花も魅力的なものばかりなので、ぜひ花にも注目してください!

少しばかり、写真をあげておきます…

❷ 昆虫についての学びがある!

 広島市森林公園こんちゅう館は、昆虫を見るだけの場所ではなくしっかりとした“学び”要素にも力を入れています。

 例えば、昆虫の生態や体のつくりなどを資料にして壁一面に展示されていたり、模型や実験形式で展示しているところもありました。

 子供に対しての“学び”要素が強いので、とても分かりやすくまとめられています。

 中でも個人的に気に入ったのが…

 アリの巣から餌までの道線を透明の筒で実験的に見せている展示です。

 アリの餌の持ち運びは自然に見ることができますが、巣から餌場までの全てを見れるのはこの展示方法だからと言っていいでしょう!

 なかなか、まじまじと観察するものではなかったので面白さも感じました。

❸ 一緒に写真が撮れる昆虫のオブジェ!

 広島市森林公園こんちゅう館では、写真スポットがいくつかあります

 その一つが昆虫のオブジェです。

 1番の注目昆虫オブジェは、体の各部位が色で分けられたカブトムシです。

 体の仕組みを学びつつ、背中に乗って写真撮影ができます。

 子供連れの方には、特に人気のスポットです。

 他にも昆虫館入口前にてんとう虫・ヘラクレスオオカブト・ギラファノコギリクワガタの大きなオブジェがあります。

 こちらも写真スポットです!

◇“広島市森林公園こんちゅう館”ミニマイフォトギャラリー

『昆虫の王者』

 

『一緒にランチを』

 

『赤い花と白い花』

 

『淡い期待を込めて』

 

『じっとタイミングを待つ』

 

まとめ

 広島市森林公園こんちゅう館は、「目で見て楽しみ」「観察して学ぶ」子供にとってとても良い観光スポットだと思いました。

 また、大人の方は子供の頃に虫を捕まえて遊んでいた頃の思い出が蘇ってくる場所でもあるなと感じました。

 楽しみながら学べるのはとても良いことであり、それを実現している“広島市森林公園こんちゅう館”は、みなさんにおすすめしたい素晴らしい観光スポットだと思います。

 広島には、まだまだ「楽しいスポット」「綺麗なところ」「魅力的な場所」があります。

 これからも、どんどんそんなスポットを探して紹介し、広島の魅力を伝えて行けたらと考えています。

 

・広島市森林公園こんちゅう館の公式ホームページ

 → http://www.hiro-kon.jp

《撮影機材紹介+関連記事》

・カメラボディ:SONYα7III

https://friendtree.jp/camera/sonya73/

・使用レンズ1:SONY FE 24-105mm F4 G OSS(SONYの標準レンズ)

https://friendtree.jp/camera/sony-sel24105g/

・使用レンズ2:SONY FE50mmF1.8(SONYの単焦点50㎜)

https://friendtree.jp/camera/sony-sel50f18f/

・使用フィルター:Kenko TokinaのZX C-PL(C-PLフィルター)

https://friendtree.jp/camera/cplfilter-zx/

Follow me!