『楽天モバイルで購入した“Galaxy A7”の開封』と『楽天モバイルについて』

 楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT2.0プランと一緒に購入すると、ポイント還元で実質格安でスマホ本体が手に入るということで、Galaxy A7を購入しました。今回は開封の様子をご紹介します。

(※現在は、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT2.0というプランがRakuten UN-LIMIT Vにアップグレードしました。以前のプランに5Gが使えるようになりました。)

 それに加えて最後に楽天モバイル(主にRakuten UN-LIMIT V)についても簡単にご紹介していきたいと思います。

◇楽天モバイルで購入したGalaxy A7を開封してみた!

 それでは、早速Galaxy A7を開封していきましょう!

 私は、3色のカラーバリエーションからゴールドを選びました…(ホントは、ブラックが良かったのですが、在庫切れのため渋々ゴールドに…)

 まずは、箱からみていきましょう。

 白ベースの箱にドンとスマホ本体の画像が載ったデザインです。

 『A7』とだけ文字が載ったシンプルかつスマホのインパクトが凄いデザインとなってますね。

 上箱をパカっと開けると…

 スマホ本体がスッポリと隙間なく入れられています!

 実際スマホ本体は上に載っているだけなので、箱を横にした状態で開けてしまうとスマホを落としてしまう可能性があるので注意してください!画面が上に向いて置かれているので画面が割れるかもしれませんから…

 箱の中には

  • Galaxy A7本体
  • SIM取り出し用ピン
  • ACアダプタ
  • OTG対応USB変換アダプタ
  • Micro USBケーブル
  • クイックスタートガイド

 さあ、スマホ本体をじっくり見ていきましょう!

 表面はこんな感じ!

 表面全てがディスプレイになっており、無駄なものが一切ないですね。

 画面が広くて見やすい!

 裏返してみると…

 控えめな『Galaxy 』のロゴと縦に三つ並んだカメラが特徴的でシンプルなデザインとなっています。

 色は、少し暗めなゴールドとなっていますので、ゴールド特有のギラギラ感はなく大人っぽい色味となっています。

 全体的に見てデザインは少し大人向けのデザインになっているように感じます。

 ちょっと細かく見ていきましょう!

 表面の上部…

 フロントカメラとスピーカー部分が申し訳なさそうに並んでいます。

 このおかげで、画面が広く使えています。

 側面を見ていきます!

 側面上部…

 特にこちらは、丸ぽち(多分マイクかと…)がひとつあるだけで何もありません。

 側面下部…

 外部接続端子が並んでいます。

 Androidは、micro USB端子なのでその接続口が真ん中にあり、その横にイヤホン差込口とスピーカー、マイクが並んでいます。

 最近は、イヤホンをBluetoothで接続するものが多いので使うことが減っていますが、個人的にはまだ使う機会があるので嬉しいです!

 側面右部…

 上にある二つのボタンが音量キーで真ん中にあるボタンが指紋センサー付きの電源キーになります。

 薄さ7.5㎜という幅で指紋センサーがついているというのは、もう技術の進歩の凄さを感じざるを得ませんね。

 音量キーはカチカチとしっかりした印象で、電源キーは軽く押しただけで電源のon /offを切り替えることができます。

 反対面を見てみます…

 SIMカードやメモリーカードのトレイのみがあります。(丸ぽち部分は、穴にピンを入れることでトレイの取り出しができる部分となっています。)

 別売ではありますが、この部分にmicroSDカードを入れることで最大512GBのストレージを追加することができます。

 ストレージを増やせるという点では、動画撮影が主流になっている今にぴったりでしょう!

 最後にGalaxy A7の一番の特徴であるカメラ部分です…

 裏面の左端に縦に三つひっそり並ぶカメラは、可愛らしささえ覚えてきます。

 この縦に三つ並ぶカメラは、それぞれ2400万画素・500万画素・800万画素の有効画素数の写真を撮ることができます。

 また、F値1.7と明るいレンズがついているのも特徴です。

 さらに、この三つのカメラによって19種シーンを判別して自動で適した撮影をしてくれるのだから本当に素晴らしいです!

 よし!これからこのGalaxy A7を使ってバンバン良い写真(動画)を撮っていくことにしよう!

Galaxy A7を手に取ってみての感想

 Galaxy A7を実際に手に取ってみると感じることが、約6.0インチのディスプレイのデカさ7.5㎜の薄さにまず驚きを感じます。

 私が普段iPhone 11proを使っているせいなのか、とにかく画面のデカさと本体の薄さを特に強く感じます。

 少し手に馴染むのに時間がかかりそう…でも画面が広いのでとても見やすい!

(※iPhone VS Galaxy A7はいずれ考えてますのでお楽しみに…)

 あと、意外と顔認証で画面が開くことが凄いと感じました。

 普段から顔認証に慣れているので指紋認証だと少し抵抗あるなと思っていたところ、Galaxy A7顔認証だったので安心しました。

 顔認証に慣れていしまうと、顔認証以外が不便に感じてしまうものなので…

 そのほかで感じることは、初期アイコンの表記が可愛らしいということですね。

 まだまだ、使いこなせていない部分が多いのでこれからもっと魅力を見つけて見たいと思います。

◇Galaxy A7について

  簡単にGalaxy A7についての情報を載せておきます…

 〈Galaxy A7の基本的な情報

  • ディスプレイサイズ】約6.0インチ
  • 薄さ】7.5mm
  • 重量】約168g
  • バッテリー容量】3400mAh
  • 解像度】有機EL(Super AMOLED)
  • 内部メモリ】4GB(RAM)/64GB(ROM)
  • カメラ有効画素数メイン 2400万画素+500万画素+800万画素/サブ 2400万画素
  • カラーバリエーション】ブラック・ブルー・ゴールド

 〈Galaxy A7の特徴

  • 耐久性に優れた2.5Dプレミアムガラス
  • 側面電源ボタン指紋センサー
  • 画面ロック状態で日付や天気・アラート・時刻・着信通知などの情報を表示できるAlways on Display
  • 2400万画素でF値1.7の明るいレンズ
  • 19種類のシーン判別で被写体に最適な撮影を自動で設定を行うカメラ
  • ライブフォーカス機能で背景のぼかし具合を調整

 ちなみに楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT2.0プランと一緒に購入したので、本体価格17000円(税抜)にポイント還元15000円相当⇨実質約2000円で購入!(※Rakuten UN-LIMIT2.0がRakuten UN-LIMIT Vにバージョンアップしたのでポイント還元額も変更しています。ご確認ください)

◇楽天モバイルの“Rakuten UN-LIMIT V”について

Rakuten UN-LIMIT V”は、楽天モバイルの唯一のプランとなっています。

 ●〈プラン料金

・月額 2980円(税別)

⇨ 今なら1年間無料(※300万名対象)

※通話料金等別費用(通常電話20円/30秒、SMS国内3円/70文字(全角)SMS海外100円/70文字(全角))

 ●〈ZERO宣言

⇨ 5G通信と契約事務手数料が0円(※5Gは対象エリアと対応製品でないと使用できません。)

 ※世界初の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークだから実現。

⇨ 楽天回線エリア→高速で完全データ使い放題

⇨ パートナーエリア→データ容量5GB/月、5GB使い切っても最大1Mbpsで使い放題

⇨ Rakuten Linkアプリ利用時、通話かけ放題(他のスマホ、固定電話0円!)

※Rakuten Linkアプリ未使用時の通話料金 30秒あたり20円

※相手がRakuten Linkアプリを利用していなくても自分の電話番号でかけられる

⇨ 国内SMSも使い放題

※Rakuten Linkアプリ未使用時国内SMSの料金が3円/70文字

[楽天モバイルについて詳しく知りたい方は下からどうぞ]

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT

◇楽天モバイルを契約した訳

 生活費を見直していると、通信費がかなり生活を圧迫していることが分かったので、格安SIMを使って通信費を抑えることにしました。

 しかし、格安SIMは一回も使ったことがなかったため不安が大きく、また格安SIMの会社が多いのでどこを選べば良いのか分かりませんでした。

 そんな中出会ったのが、楽天モバイルのです。

 楽天という会社のブランド力による安心感1年間無料であるという点から契約することに決めました!

 実際私の場合は、大手キャリアを使いつつ、楽天モバイルのお試しをしている段階なので、通信費の節約には至っていません。

 しかし、格安SIMに対する懸念要素が取っ払われました。

 1年無料なので、もう試さな手はありません!

◇楽天モバイルおすすめポイント

○今なら1年間無料で試す事ができる

 なんと言っても“Rakuten UN-LIMIT2.0”のおすすめポイントは、1年間プラン料を無料で利用出来るという点です。

 1年間スマホの月々の固定費が無料になるのだから、お得としか言いようがないですね!

 さらに解約金がかからないので、1年間お試し期間として使うのもありでしょう。

 1年間が終了後も、月々2980円と大手3社に比べ格段に安いので1年後も固定費節約の役には立ちます。

 このように“Rakuten UN-LIMIT2.0”の最大のポイントは、1年間無料で楽天モバイルを試せるという点や1年間通信料という固定費を節約できる点にあります!

○対象スマホが実質格安で手に入る!

 プランとセットで対象のスマホを購入すると、ポイントが還元されます。

 例えば、AQUOS sense3Lite一括払いで23619円(※投稿時現在の価格)で購入できるところ20000円相当分のポイント還元、OPPO A5 2020一括払いで20019円(※投稿時現在の価格)のところ20000円相当分のポイント還元、Galaxy A7一括払いで17000円(※投稿時現在の価格)のところ15000円相当分のポイント還元など…

(※この時はRakuten UN-LIMIT2.0でしたが、現在はRakuten UN-LIMIT Vになっていますのでポイント還元率も変わっていますので、詳細をご確認ください!)

ポイントが還元されるので、実質の購入金額が格安で済むことになります

 ちなみに実質のスマホ本体代が格安で済むならと、私はGalaxy A7のゴールドを購入しました!

◇楽天モバイルの注意点

▲Rakuten Linkアプリを使用しないと通話・SMSに費用がかかる!

 “Rakuten UN-LIMIT V”のプランでは、Rakuten Linkというアプリを使わないと通話料やSMSの料金は無料ではありません。

 仮に通常の通話を使うと30秒で20円、SMSだと国内70文字で3円(海外70文字で100円)がかかってしまします。

 この情報を知らないで使っていると、料金が発生するのでご注意ください!

 必ず、通話やSMSはRakuten Linkアプリを通して行いましょう。

▲楽天回線エリア以外で月5GB以上使うと遅くなる!

 スマホをよく使う方で特に動画などを見られる方は、月5GB以上を使うとデータ速度が1Mbpsと少し遅くなってしまいます。

 これは楽天回線エリア外で使った場合のことですが、まだまだ楽天回線エリアが少ないのが現状ですので、ほとんどの人が楽天回線エリア外での使用になります。

 大容量データの取扱は注意してください!どうしても使いたい場合は、家のWi-Fiを使うか持ち運びのポケットWi-Fiを利用することをおすすめします。

※楽天回線エリアは、急速に範囲を拡大中です。そのため近い将来はどこでも楽天回線エリア内になり高速で完全データ使い放題になることでしょう…今後の楽天モバイルの発展に期待します!

◇まとめ

 楽天モバイルのキャンペーンで安く購入できたGalaxy A7ですが、全然使えるスマホだと感じました。

 今、10万円前後するスマホがゴロゴロしている中で、Galaxy A7は安くて高機能なスマホだと言えるでしょう!

 カメラに至っては2400万画素と高画質の写真が撮れて、ボケ感も調整できる。なおかつ、19種類のシーンを判別して自動で最適な設定で撮影できるのだから素晴らしいカメラがついたスマホとなっています。

 これからこのGalaxy A7もサブカメラとしてバンバン使っていきたいと思います。

 また楽天モバイル自体も、今後凄まじく進歩していくのではないかと思っています。

 楽天モバイルの進歩についても、注目していきたいと思います。

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

Follow me!