紙のメモはもう卒業!100円均一DAISOで買える“電子メモパッド 約8.5インチ”をレビュー

ガジェット
スポンサーリンク

 メモはスマホやタブレットというのがほとんどの中で、私は未だに紙でメモを残しています。

 というのも…紙のメモの方が「書いてる感がある」ということと、「頭に残りやすい」、そして「メモの内容を達成した時にそのメモを捨てる快感」があると私は感じています。

 しかしながら、紙で残すとメモが溜まり場所をとったり、その後の整理が大変だったりします…

 そのため、思い切ってタブレットのメモに変えてみたりもしましたが、タブレットの画面に書く感覚が少し苦手だったり、頭に入りにくかったりと断念しました。

 次に、ホワイトボードに変えてみたところ、書いてる感やメモの内容を達成した後に消すことによる達成感はあったのですが、こすれると消えてしまう点が悩みどころでした。

 そんな中で見つけたアイテムが、100円均一DAISOの“電子メモパッド”でした!

 なので今回は、DAISOの“電子メモパッド”をレビューしていきたいと思います。

〈今回の簡単ポイントまとめ〉

  • 電子メモパッドの中では安い
  • 安さを感じさせない書き心地
  • シンプルな操作性
  • フラットな形状が本棚などの収納時に収まりが良い
  • メモとして使うには満足度が高いアイテム

◇開封の儀

 まずは、開封していきたいと思います。

 それでは、パッケージからみていきます。

 パッケージは、白を基調とした配色で真ん中に電子メモパッド本体の写真が載せられてデザインになっています。

 ウッド調の机や背景が良い雰囲気を出している写真です。

 また、必要最低限の商品のポイントがデザイン度返しで分かりやすく表記されているので、商品の特徴が非常に分かりやすくなっています。

 では、箱を開けてみます…

 中からは、このように包装された状態の本体が出てきました。

 100円均一DAISOの商品は、箱にそのまま入れていたり袋に入れていたりのイメージが強いですが、この電子パッドには、周りからの傷を軽減するためにしっかり包装されていました。

 この気遣いは嬉しいですね。

 では、中の本体を見ていきます!

 本体はこんな感じです。

 縦型で、真ん中に画面、上にゴミ箱マークのボタン、下にペンが埋め込まれています。

 余計な機能は一切ない感じの外観です。

 上についているゴミ箱マークのボタンは、文字を消す時に使うボタンで、プチプチカチカチした押し心地となっています。

 イメージで言うと、昔ながらのマッサージチェアなどについている表面が飛び出ていないタイプのボタンといった感じです。

 ボタンはこれ一つなので、操作は非常に簡単になっています。

 次はペンが埋め込まれた下の部分をアップにしてみます!

 ペンは、上にほとんど飛び出ることなく、画面と同じ高さまで埋め込まれています。

 本やノートなどの間に入れても出っ張りがないフラットな形なので、綺麗に収めることができます。

 このように収まりが良い分、ペンの取りやすさは少し損なわれているようには感じます。

 ペンをよく見てみます…

 ペンは平たい形状をしているのが特徴的です。

 多分、電子パッドへの収まりをよくするためにこの形状になっているのだと思います。

 このように、横から見るといかに平たいかが分かります。

 実際に握って見ると、この形状に慣れていない分若干やりにくさは感じます。

 最後に、電子パッドのロックスイッチをみていきます。

 この電子パッドには、電源スイッチがついておらず、常時書くことができます。

 ただ、パッド裏面の上部についているロックスイッチで削除ボタンのON/OFFを切り替えることができます。

 それによって、書いているものを間違って消すことがないように、ロックしておける機能となっています。

 では、実際に書いてみた感想を言いますと、まず100円均一で買った商品にしては書き心地が良いなと思いました。

 安物の電子メモパッドを買うと、画面の硬さを感じるなどの書き心地の悪さを感じてしまうものが多いのですが、この電子メモパッドはサラサラかけて書き心地に違和感を感じることなく文字が書けるなという印象を受けました。

 ただ気になる点としては、細い字を書くときや全く力を入れずに書いた時には書きづらさを感じる部分がありました。

◇メリット・デメリット

 それでは、この電子メモパッドを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

○メリット

◎電子メモパッドの中では安い

→この電子メモパッドは500円で購入できるので、電子メモパッドの中では非常に安く手に入れることができます。また、ノートを頻繁に買っている人と比べると5冊分の値段で約5万回かき消しができると考えるととてもリーズナブルだと言えます。

◎安さを感じない書き心地

→安い電子メモパッドを買うと書くときに画面の硬さを感じるなどの書き心地の悪さを感じてしまうものです。しかしながらこの電子メモパッドは、500円という安さを感じさせないくらい書き心地が良いです。電子メモパッドの一番の基準である、書き心地の観点は個人的に余裕でクリアしていると思いました。

◎シンプルな操作性

→ロックスイッチと削除ボタンの2つしか操作するものがないので、非常にシンプルで使いやすい操作性だといえます。機械音痴で不安な方でも簡単に使えるのでとても良いと思いました。

◎本棚などに収めるときの収まりの良さ

→ペンを入れても表面がフラットなため、片付ける時に本やノートが入れられている本棚に収めても、間なく片付けることができます。この収まりの良さは、このアイテムの大きな特徴の一つだと言えます。

●デメリット

▲100円均一で買うにしては高く感じる

→100円均一で買い物をするとき、頭の片隅に「100円で買える」という考えがあります。そのため500円という値段が少し高く感じてしまいます。※他の電子メモパッドと比べると安いのですが…

▲ペンが取り出しにくい

→収まりの良さを追求するあまり、形状的にペンの取りづらさを少し感じてしまいました。ちょっとしたことですが、この取りづらさという小さなストレスを大きく感じてしまう人もいるかもしれないと思いました。

▲ペンの形状に慣れるのまで違和感がある

→慣れれば何の問題もないのですが、平たいペンの形状が今まで使ったことのない形なので、書く時に若干違和感を感じました。

▲一部だけ消すことができない

→途中で字を間違えた時に一部を消すということができません。そのため、長文を書いている途中で間違えてしまうと、全部書き直さなくてはいけなくなってしまいます。この点は、一番のデメリットだと感じました。

◇商品概要

  • 【商品名】:電子メモパッド(ELECTRONIC MEMO PAD)
  • 【販売店舗】:DAISO
  • 【画面の大きさ】:約8.5インチ
  • 【サイズ】:縦22.7cm×横14.6cm×幅0.5cm
  • 【重さ】:約114g
  • 【材質】:ABS樹脂/PET/ポリカーボネート/ポリアセタール
  • 【使用回数】:約5万回(かき消し)
  • 【使用温度/保管温度】:-20〜60℃
  • 【電池】:CR2016(3v/22mA)×1
  • 【価格】:500円(税込み550円)

◇まとめ

 今回は、100円均一DAISOの“電子メモパッド”をレビューしてみました。

 総評としては、500円で買えるリーズナブルさと安さを感じさせない書き心地がとても評価できる電子メモパッドだと思いました。

 ただ一点、懸念ポイントとしては一部だけを消すということができないことです。

 しかしながら、メモとして使うのであれば何の問題もなく、とても満足度の高いアイテムだと思います!

 また、私の個人的な使い方なのですが、今日のやることリストなどを書いて立てかけておくといった使い方もなかなか使いやすくてオススメです。

 最初にお話しした…「果たして100円均一の電子メモパッド」は、紙のメモやスマホ・タブレットに代わるものかという点ですが、部分的に消すことができないという課題点を残しつつも一部のメモとしては使っていけるのではないかという結果に至りました。

 まだまだ、私にとっての最適なメモを探しきれていないので、引き続きメモツールを追求していきたいと思います。

 また、100円均一DAISOの便利アイテムも探し求めていきますので、そちらの方もよろしくお願いします!

Follow me!

PAGE TOP