DAISOで1000円の“完全ワイヤレスイヤホン”レビュー!

ガジェット
スポンサーリンク

 100円均一DAISOに行く度に気になっていた1000円もするワイヤレスイヤホン…

 ワイヤレスイヤホンにしては安いが、DAISOにしては高い商品。

 果たして実際に使える商品なのか、今回は検証をかねてレビューしていきたいと思います。

 ※サクッと内容がみたい方は、こちらのショート動画をご覧ください!⬇︎⬇︎⬇︎

DAISOの1000円で買える“完全ワイヤレスイヤホン”を開封&レビュー #Shorts
◇100円均一DAISOで1000円で買った“完全ワイヤレスイヤホン(True Wireless Earphone)”を開封&レビューしたショート動画です。 より詳しく知りたい方はこちらのブログをご覧ください!→

〈今回のポイント簡単まとめ〉

  • ◎ワイヤレスイヤホンが1000円で買える
  • ◎性能度がえしにすると普通に使える
  • ▲長時間の使用に不向き
  • ▲ケースの見た目が少しちゃちい
  • ▲最小音量が少し大きい
  • コストをあまりかけたくない方、性能にこだわりがない方にピッタリ
  • 個人的にはあまりおすすめしない

◇開封の儀

 まずは、開封の様子をお見せしたいと思います!

 こちらの完全ワイヤレスイヤホンのパッケージは、他のDAISO商品と比べて少し凝ったデザインとなっており、DAISOのロゴが無ければネットでよく見かける他のワイヤレスイヤホンとそん色ない箱の外観です。

 黒のグラデーションを基調とし真ん中に商品の写真を載せていて、DAISOにしてはクールでカッコイイデザインです。

 箱の中身を見ていきます…

 箱を開けると、プラスチックの型に入った状態で出てきます。

〈同梱品〉

  • ワイヤレスイヤホン
  • 充電ケース
  • MicroUSBケーブル
  • 取扱説明書

 入っているものも、他のワイヤレスイヤホンとほとんど変わりませんね…

 唯一言いたいことは、いまだに充電ポートがマイクロUSBだと言うことです。

 個人的には、type Cにして欲しかったです。

 もしかしたら、これが安く販売できる理由の一つなのかも…

 では、イヤホン本体を見ていきましょう!

 イヤホンの全体的な形状は、楕円形でくの字に曲がっている見た目、耳に装着する部分が若干長くなっているのが特徴的です。

 外側部分は、長細いボタンが一つと接続確認するためのランプがついています。

〈操作ボタン〉

  • 【L側】
    • 1回押し→楽曲再生・一時停止・着信受信・終話
    • 2回押し→曲戻し
    • 3回押し→音量を下げる
    • 1秒長押し→音声アシストの起動・電話着信時の着信拒否
  • 【R側】
    • 1回押し→楽曲再生・一時停止・着信受信・終話
    • 2回押し→曲戻し
    • 3回押し→音量を上げる
    • 1秒長押し→音声アシストの起動・電話着信時の着信拒否

 ボタン一つで、全ての操作が可能と言うことですね…

 音量の上げ下げだけ左右で機能が分かれているようです。

 一見簡単なように見えますが、個人的には操作を覚えておかないといけないので少し不便かと思います。

 多分、私の場合は全てスマホの操作になりそうです。

 内側は、本体部分の端に充電端子がついており、その反対の端にイヤーピースのついたスピーカーが取り付けられています。

 イヤーピースのゴムは、少しかためな印象を受けました。

 続いて、充電ケースをみていきます。

 充電ケースは、細長い楕円状のメガネケースのような形状をしています。

 パッケージの写真に比べて少しちゃちさのあるプラスチックのケースだなという印象を受けました。

 裏面には、MicroUSBポートがついています。

 少し分かりにくいですが、右側の写真のように青いランプがついている時は、イヤホンが充電されている証拠となります。

 では、中を見ていきたいと思います。

 フタを開けると、イヤホンがすっぽりハマる穴が2つとそれぞれに金色の充電プラグが取り付けられています。

 イヤホンを入れた状態がこんな感じです。(個人的な感想なのですが、どこか土偶の目のように見えてきます笑)

 イヤホンのランプが写真のように赤くなっているときが充電されている証拠となります。

 出し入れのしやすさは、横に溝が余分に開いているのでスムーズに出し入れできるなと感じました。

 ここまで、開封してきて総体的に思ったことは、見た目が少しちゃちさがあり、いまだMicroUSBのポートが採用されているというちょっと残念なワイヤレスイヤホンだと思いました。

◇メリット・デメリット

 実際に使ってみて感じたことを踏まえつつ、メリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

○メリット

◎ワイヤレスイヤホンが1000円で買える!

→この商品の最大のメリットは、やはりワイヤレスイヤホンが1000円で買えるという点です。相場的に安くて2500円くらいはするワイヤレスイヤホンが1000円で買えるのだから破格の値段と言っても過言ではないと思います。(※100円均一DAISOで買うと考えたとき、周りとの価格の差から高いと感じるかもしれませんが…)

◎性能度がえしにすると普通に使える

→デザイン性や着け心地、音の質感など性能面を求めさえしなければ、普通にワイヤレスイヤホンとして使えます。Bluetoothの繋がりやすさや機器との接続のしやすさなどは問題ないので、ワイヤレスイヤホンに性能をそこまで求めてないよと言う方にはおすすめの商品になります。

●デメリット

▲長時間の使用に不向き

→耳の形状にもよると思いますが、長時間使っていると耳が痛くなりました。個人的に思うこととしては、イヤーピースのゴムが少しかためだと言うことと、イヤーピースとイヤホン本体の装着部分の出っ張りが耳に当たることが耳が痛くなる原因かと思っています。もしかすると、痛くないと感じる方もいるかもしれません。私の場合は、付属のイヤーピースを他の柔らかいイヤーピースに変えて使用しています。

▲ケースの見た目のちゃちさ

→開封の時にも言ったのですが、ケースの見た目が少しちゃちく見えます。デザイン性を重要視している方にはちょっと不向きかもしれません。

▲最小音量が少し大きい

→音量を最小にした時の音の大きさが少し大きいように感じました。個人的には、かなり小さな音で聴きたい派なので、この点は少し気になるポイントです。ただ、大きめの音量で聴きたい方にとっては全然問題視するポイントではなく、むしろメリットの方になるかもしれません。

◇商品概要

  • 【商品名】:完全ワイヤレスイヤホン(True Wireless Earphone)
  • 【販売店】:DAISO(株式会社大創産業)
  • 【材質】:ABS樹脂・シリコーンゴム
  • 【通信方式】:Bluetooth基準規格ver5.0
  • 【伝送帯域】:20Hz〜20000Hz
  • 【充電持続時間】:連続再生時間 約4時間
  • 【通信距離】:見通し約10m
  • 【特徴】
    • 再生時間:約10時間(イヤホン 4時間・充電ケース 6時間)
    • ハンズフリー通信対応
    • Bluetooth5.0
    • 音声アシスト対応
  • 【価格】:1000円(税込1100円)

◇まとめ

 今回は、DAISOの1000円で買える完全ワイヤレスイヤホンを検証兼レビューしてみました。

 検証結果は、性能にこだわりさえしなければ普通に使えるワイヤレスイヤホンで、1000円という破格の安さで買うことができる!です。

 コストを極力抑えたいという方や性能にこだわりがない方にはぴったりの商品です!

 個人的には、安さもとても大事にしていますが、長時間快適に使える着け心地も追求しているため、おすすめはあまりしません。(長時間つけた時の耳の痛みがちょっと気になったので…)

 しかしながら、ワイヤレスイヤホンが1000円で買える時代が来たのだなと関心はしました。

 今後、DAISOはより進化して安くて良いものを出し続けていくことでしょう…

 これからのDAISOの動向にも、引き続き注目していきたいと思っています。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

PAGE TOP