楽天ランキング2020第1位を獲得した“骨伝導ワイヤレスイヤホン”を開封してみた!

 リモート化が進む中、家での仕事が多くなりイヤホンやヘッドホンが必要になったため、探すことにしました。

 探している中で“楽天ランキング2020 第1位を獲得”という文字骨伝導という技術に魅力を感じ、この骨伝導ワイヤレスイヤホンを購入しました。

 今回は、購入した骨伝導ワイヤレスイヤホンの開封に様子と実際に使ってみた感想を含めて紹介していきます。

◇楽天ランキング2020第1位を獲得した“骨伝導ワイヤレスイヤホン”を開封してみた!

さあ、さっそく開封していきましょう!

こちらが楽天ランキング2020で第1位を獲得した骨伝導ワイヤレスイヤホンの外箱です。

実にシンプルなデザインだと言えるでしょう…

少し斜めから見てみてもシンプルの一文字!

中を見ていきましょう!

ジャーン!

箱の開き方が特殊で、扉のように開く式…しかも片方がマグネットになっていて蓋がカチッとくっつくようになっています。

本体はショーケースに入っているような感じで、蓋の裏面には女性が走っている様子の画像が載せられています。

スポーツ時の使用を特に推進しているようですね…

 入っているものは…

  • イヤホン本体
  • マグネット式充電ケーブル
  • 耳栓
  • 日本語取扱説明書
  • 収納袋

さて、イヤホン本体を見ていくことにしましょう!

こめかみにつける装置が左右に付いていて、それをゴム性のコードでつないでいる見た目シャープな作りです。

重さ36gで、持った印象もとても軽く感じました。

ゴム性のコード部分は360°自由自在に動かすことができ、どの人の頭でもフィットするように作られています。

右側につける装置部分には、先端部に電源または再生ボタン、真ん中に+/−のボタンがつけられています。

その他のボタンは付いていないので、操作性も簡単で使いやすい仕様になっていて、機械音痴の方でも簡単に操作できると思います。

若干、見た目のちゃちさは否めませんが…(※個人的な意見ですが)

こめかみに当てる部分を拡大してみました!

シリコン性でできていますが、骨に振動を伝えるため少し固めな印象です。

しかし、装着時はこの固さも気にならないくらいの締め付け具合なので安心してください。

銀色の丸が4つ並んでいる部分が、充電器と接続する部分になってます。

接続するときは、磁石になっているのでカチッとくっつける感じで充電します。

磁力に問題はありませんが、他の充電コードが使えないのは少し気がかりなポイントだと言えます。

あと、磁石なので当たったりすると外れたりすることもあります。

充電の部分はちょっと改善して欲しいと感じました。

◇骨伝導ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた感想

 骨伝導ワイヤレスイヤホンを何日間か実際に使ってみて感じた、良かったポイントと少し残念だったポイントを紹介します。

○[良かったポイント①]:外の音を聞きながら音楽を聴ける

 一般のイヤホンやヘッドホンは、耳を塞いでしまうので周りからの声や音を聞こえなくしてしまうもの…しかし、この骨伝導ワイヤレスイヤホンは周りの音を聞きながら音楽を楽しむことができます。

 そのため、外で走る時(車の音とか聞こえるので安全)や運転中でも活躍する商品となっています。

 また、作業中に話しかけられても聞こえるので、話しかけられて聞こえず返事をしなかったというトラブルも避けられるでしょう笑

 逆に周りの音を聞こえなくしたいなら、耳栓をすれば外の音を遮断して音楽を楽しむことができます(※耳栓は付属品に入っていますのでご安心を)

 使用できる場面の多いワイヤレスイヤホンだと感じました

○[良かったポイント②]:耳が痛くならない

 私は普段眼鏡をかけているのですが、ヘッドホンを長時間つけていると耳がとにかく痛くなります。

 しかし骨伝導ワイヤレスイヤホンの場合、長時間付けていても痛くならないのが個人的には一番この商品を推したいポイントです。

 耳掛けタイプなので「メガネとの相性は悪いかな」と思っていたのですが、付け外しの時にほんの少し違和感を感じるくらいで全然気になることなく使用し続けることができます

 本当に素晴らしい!

 また、空気で鼓膜を振動させて音を伝えないため、鼓膜を傷つける心配がありません

 耳にも優しいイヤホンだと言えるでしょう!

○[良かったポイント③]:フィット感が良い

 先ほど紹介した通り、コード部分がゴム性で360°自由自在に動かすことができます。

 そのため、装着時の緩さやグラつき感が懸念されるものです。

 そこも安心してください!

 頭を振っても全然グラつき感がなく、しっかりと頭にフィットしている印象です。

 さらに、締め付けも程よい感じで長時間付けていても痛くなることはありません

 本当に、動いていても付けていないくらいの感覚で使用できるほどのフィット感です。

 これは間違いなく、ジョギングやウォーキングなどのスポーツ時に活躍できること間違いなし!

▲[残念だったポイント❶]:音が少し小さい

 この骨伝導ワイヤレスイヤホンの強みである周りの音を聞きながら音楽が聴けるということですが、(耳栓をしていない時)若干音が小さいように感じます

 周りの音のボリュームによっては、聞こえなくなる時もあります。

 そのため、普段のイヤホンのボリュームより大きめの音量で聞かなくてはいけません(※耳栓をしているときは、同じくらいのボリュームで聴けます)

 また、その影響で周りに漏れる音の大きさも少し気になるものがあります。

 耳が聞こえにくい人や音楽を大きい音で聞きたい方には、おすすめできません。

▲[残念だったポイント❷]:音の広がりがイマイチ

 音の伝え方が空気でなく、骨を振動させたものとなっています。

 そのため、音の広がり感が少しイマイチです。

 また、骨伝導独特の音の聞こえ方が慣れるまでは、少し違和感を覚えるかもしれません。(※特に耳栓をしているとき)

 音質を楽しみたい方には、物足りなく感じることでしょう。

(※そんな人は、もっと高価なヘッドホン・イヤホンを買うと思いますが…笑)

▲[残念だったポイント❸]:充電がマグネット式

 大抵のヘッドホン・イヤホンの充電は、USBのtypeA・B・C又はライトニングなのが一般的です。

 しかし、この骨伝導ワイヤレスイヤホンの充電は、USBとマグネット式の接続となっています。

 換えが効かないという点は、将来的に不安要素ではあります。

 また、マグネット式なので当たってコードを引っ張ってしまった場合すぐに取れてしまいます。(当たらなければ問題ないのですが…)

 実際にいつの間にか当たっていて外れ、次の日に充電されていない!ということをつい最近経験しました。

 ここの点は、問題ポイントだと思います。

◇骨伝導ワイヤレスイヤホンの基本的情報

【最新Bluetooth5.1技術 Qualcommチップ搭載】 骨伝導イヤホン Bluetooth イヤホン ブルートゥース イヤホン スポーツ ワイヤレスイヤホン Hi-Fi 高音質 超軽量 耳掛け式 両耳通話 CVC8.0ノイズキャンセリング 防水機能 AAC対応 日本語音声 一年間保証付き (ブラック)

●骨伝導ワイヤレスイヤホン

 骨伝導…骨を振動させて音を伝える技術で、こめかみ辺りに装置を付けて音を聞きます。音を空気で送り鼓膜を振動させて音を聞くタイプに比べ、鼓膜への負担が少ないのが特徴です。

●商品の特徴

  • 内蔵エンジンを振動させてシリコン部分で骨に伝える 

 →鼓膜に負担をかけずに快適に音を聴く事ができる。

  • 柔軟性と耐久性を持っている

 →左右のイヤホン部分を繋ぐコードが360°動くという柔軟性に加え、それに耐える耐久性も兼ね備えている。

  • 最先端のBluetooth5.1技術

 →通信距離・転送の安定性・電池の消耗などが向上。

  • IP66防水

 →水洗いが可能で、汗や水しぶき・雨などにも耐えることができる。

  • 内蔵マイク

 →ハンズフリー通話が可能。

※詳しく知りたい方は、下の商品リンク楽天ボタンを押してみてください!

まとめ

 この骨伝導ワイヤレスイヤホンは、楽天ランキング2020の第1位を獲得したことも頷ける商品であり、実際に購入してとても満足している商品の一つです。

 また、骨伝導という新たな技術を体験できたことも今回の収穫ポイントと言えます。

 これからも、ますます技術が進歩して新しい技術がどんどん出てくることは間違いないでしょう。

 新しい技術が出た際は、実際に体験してみて記事にしていきたいと思っています。

 次は、どんな技術と出会えるのかとても楽しみです…

Follow me!