Appleの中で一番コンパクトなスマートフォン“iPhone 13mini”を開封&レビュー!

ガジェット
スポンサーリンク

 先日、家族が“iPhone13mini”に変更!

 せっかくなので、開封とレビューをさせてもらうことにしました。

 ※開封の様子をサクッとみたい方は、下のショート動画をご覧になり、◇メリット・デメリット欄からご覧ください!⬇︎⬇︎⬇︎

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

〈今回のポイント簡単まとめ〉

  • ◎圧倒的コンパクトさ
  • ◎画面のサイズを感じさせない
  • ◎コンパクトなのに性能も良い
  • ▲充電ポートがLightning
  • ▲ゲームや動画には少し不向き
  • ▲ケースの種類が他の機種に比べて少ない
  • 普段から移動が多い方や荷物を極力少なくして移動したい方にはもってこいのiPhone

◇開封の儀

 今回、iPhone13miniのスターライトとピンクが手に入ったので、並べて開封していきたいと思います。

 まずは、箱の外観から見ていきます。

 iPhoneの箱のデザインの特徴としては、白か黒を基調とした配色で、箱の正面には本体の背面か画面の写真をめいっぱいに載せ、側面にはiPhoneの文字とアップルのロゴが載せられているのが特徴です。

 今回は、白を基調とした配色になっており、正面には中に入っているカラーのiPhone本体背面の写真が使われています。

 私が持っているのが、スターライトとピンクなので、箱の写真もスターライトとピンクの本体が載せられています。

 側面は、写真では伝わりにくかったのでピンクのみの写真を載せています。

 ピンクは、側面のロゴとiPhoneの文字にピンクゴールドを使用。

 一方スターライトは、若干ゴールドぽいシルバーの色合いとなっています。

 +α、箱がとにかく小さいと感じました!

 では、箱の中を見ていきましょう…

〈同梱品〉

  • iPhone本体
  • Lightning – USB type Cケーブル
  • アップルステッカー
  • SIM用の鍵

 個人的に、充電ケーブルをtype CにするのならLightningもいっそのことtype Cにしてくれたらいいのにと思ってしまいました…

 それでは、本体に注目してみていきます。

 本体は、角ばったフォルムで背面にiPhone特有の配置しているデュアルカメラとアップルのロゴが大きな特徴となっています。

 簡単にいうと、iPhone13をそのまま小さくした見た目となっています。

 iPhone13miniの最大の特徴であるサイズ感をわかりやすくした比較写真を撮ってみました。

 iPhone13を持っていないので、比較対象がiPhone11proとなっていますが、コンパクトさはこの写真で伝わると思います。

 持ってみた印象としては、女性の小さな手でも収まりの良いサイズ感だなといった印象を受けました。

 また、ポケットにもスッポリ入るサイズ感となっているので、持ち運びの際にも便利だと思いました。

 カラー別にみてみると…

 ピンクは淡いピンク色を基調とし側面にピンクゴールドの配色となっています。

 一方、スターライトはやわらかい白を基調とし側面に若干ゴールドっぽいシルバーの配色となっています。

 背面だけでなく、側面のメタリック部分にも違いをつけてくれているのが良いですね!

 続いて側面をみていきます。

 左側面には、電源ボタン。

 下側面には、スピーカーとLightningの充電ポート。

 右側面には、消音モード切り替えスイッチ・音量調節ボタン・SIM挿入口といった仕様になっています。

 iPhoneを利用している方たちには、見慣れた仕様です。

 ここまで開封してみて思うことは、iPhoneの中では圧倒的にコンパクトだということです!

◇メリット・デメリット

 実際にiPhone13miniを使ってみての感想をふまえつつ、メリット・デメリットをまとめていきます。

○メリット

◎圧倒的コンパクトさ

→iPhone13miniの最大の特徴と言っても過言ではないのが、圧倒的なコンパクトさです。iPhoneの中ではもちろんのこと他のスマホと比べても、このコンパクトさはなかなかありません。実際の感覚としては、女性の小さな手でもスッポリと収まるサイズになっています。また、重さも約140gなのでスマホの中ではかなり軽めとなっています。普段移動が多い方や荷物をあまり持たない方には、非常に便利なスマホです!

◎画面のサイズを感じさせない

→サイズが小さいということは、画面のサイズも小さくなります。その結果、画像や映像が見にくいと感じてしまうものです。しかしながらこのiPhone13miniの場合、画面のサイズ感を感じさせないくらいの鮮明な画質となっています。そのため、画面が小さいことが苦になりません。しかもiPhone13miniは、iPhone13に比べて解像度が高くなっているのもより鮮明に画像や映像を楽しむことができます。

◎コンパクトなのに性能も良い

→サイズがコンパクトになるということは、それだけ性能のレベルも落とさないといけないのが一般的です。しかしながら、iPhone13miniの場合はコンパクトなのにも関わらず、A15 BionicチップというiPhone13と変わらない高性能なチップが使われています

●デメリット

▲充電ポートがLightning

→iPhoneの最大のデメリットと言ってもよいのが、充電ポートがLightningだということです。世界的にtype Cに集約される流れがある中で、未だLightningが採用されているのはちょっと不便な点となっています。

▲ゲームや動画には少し不向き

→画面のサイズ感が気にならない画質であることは間違い無いのですが、ゲームや動画はある程度画面のサイズがあった方が良いです。そのため、スマホの活用にゲームや動画に主きをおくのであればiPhone13miniはあまりおすすめできません。

▲ケースの種類が他の機種に比べて少ない

→個人的に感じたことは、他のiPhoneに比べてケースの種類が少ないということです。そのため、なかなか自分の好みのケースを見つけるのが難しくなります。ただ、iPhone以外のスマホよりは種類があります。この点はiPhoneユーザー特有のデメリットです。

◇商品簡単概要

  • 【商品名】:iPhone13mini
  • 【ブランド】:Apple(アップル)
  • 【カラー】:スターライト・ミッドナイト・ブルー・ピンク・グリーン
  • 【容量】:128GB・256GB・512GB
  • 【サイズ】:縦131.5 × 横 64.2 × 幅 7.65mm
  • 【重さ】:約140g
  • 【ディスプレイ】:5.4インチ、Sper Rentina XDRディスプレイ、2340×1080ピクセル、解像度476ppi
  • 【チップ】:A15Bionicチップ
  • 【カメラ】:デュアル12MPカメラシステム(広角f/1.6・f/2.4)・True Depth12MPカメラ(f/2.2)
  • 【バッテリー】:ビデオ再生 最大17時間・ストリーミング 最大13時間・オーディオ再生 最大55時間

◇まとめ

 今回は、“iPhone13mini”の開封とレビューを行なってきました。

 iPhone13miniの特徴は、iPhoneの中で圧倒的にコンパクトだということ!

 なので、普段から移動が多い方や荷物を極力少なくして移動したい方にはもってこいのiPhoneだと思います。

 ただ、ゲームや動画に主きを置いているのであれば、もう少し画面サイズの大きなiPhoneやスマホをおすすめします。

 今後のiPhoneにも引き続き注目しつつ、今後はiPhone以外のスマホにも目を向けていきたいと思っています。

 最後までどうもありがとうございました!

※Apple公式サイトはこちらからどうぞ→https://www.apple.com/jp/

 

Follow me!

PAGE TOP