約2ヶ月待ってやっと届いた“iPad(第9世代)”をレビュー!

ガジェット
スポンサーリンク

 約2ヶ月前に買ったiPad(第9世代)がやっと家に届きました!

 もうすぐ、iPad10が出るという情報が飛び交っている中での購入は、タイミングとしてはあまり良くないですが…せっかくなので開封&レビューしていきたいと思います。

〈簡単ポイントまとめ〉

  • コスパ最強
  • 画質が綺麗
  • ホームボタン・イヤホンジャックが残されている

◇開封の儀

 初めに開封の様子をお見せします!

 もし、サクッと開封の様子を見たい方は下のショート動画をご覧ください。

OpeningShortVideo『iPad9』 #Shorts
◇It's an iPad9 opening shortVideo. #opening◇iPad第9世代の開封ショート動画です。#開封 #iPad第9世代…詳しくはブログにて➡︎

 では、さっそく見ていきましょう…

 まずは、箱の外観から見ていきます。

 箱全体は、Appleの特徴的な真っ白でシンプルなデザイン。

 正面は、iPadの側面の写真が真ん中にバン!

 …このアングルの写真が正面のデザインに採用されていることに凄くびっくりしました。(そこかよ!と…笑)

 側面は、真ん中にロゴとiPadの文字。

 凄く凄くシンプルで無駄がない感じです。

 箱の中を見ていきます!

〈同梱品〉

  • iPad本体
  • Lightningケーブル
  • 充電器
  • 説明書
  • ステッカー

 Appleらしい同梱品となっていますね。(iPhone・他のiPadなど)

 それでは本体をよく見ていきましょう!

 まずは、裏面から…

 全体的な感じとして、不要なものがないシンプルな仕様で形としては丸みのある長方形といった感じです。

 裏面の特徴は、1つのカメラとAppleのロゴの大きく2つですね。

 タブレットやスマホのカメラが複数になっている中で、iPad(第9世代)のカメラは1つだけとなっています。

 タブレットにカメラの機能を求めていないので、カメラの数を減らしてコストを下げてくれているのは個人的にはかなり高ポイントです!

 あとは、Appleお決まりのシルバーのロゴが真ん中にドンです!

 側面も見ていきます…

 側面上部は、左の写真からイヤホンジャック・マイク・電源ボタンとなっています。

 その中でも、イヤホンジャックがまだ残こしているのは珍しいポイントです。

 今だにイヤホンジャックを使う私にとって個人的に嬉しい仕様となっています。

 続いては、表面からみての右側面…

 こちらは、音量調節のボタンとなっています。

 まあ、ここにはあまり特徴は見られませんね…

 強いていうなら、細く出っ張りの高さが少しあるボタンといった感じかと…

 反対側の側面も見ていきます。

 こちらは、Appleのスマートキーボードを差し込む端子となっています。

 スマートキーボードがなければ、あまり意味のない箇所です。(スマートキーボードにとても興味はあるのですが、なかなか手が出せないのが本音です…)

 側面下部も見ていきましょう。

 側面下部は、スピーカーと充電ポートです。

 充電ポートに関しては、Lightningが採用されています。

  typeCに集約化する流れがある中で、今だにLightningなのは少し残念なポイントです。

 では、メインの正面を見ていきます…

 大きな特徴としては、最近のiPhoneやiPadには残されていない画面の枠や指紋認証付きのホームボタンがあることです。

 画面の枠に関しては、少し画面が小さく感じる部分はありますが、枠があったところで画面のサイズ感的には十分すぎると思いました。

 指紋認証付きホームボタンについては、マスク着用が常になっている現状には向いているなと感じました。

 また、このホームボタンが今だに根強い人気があるのも多少分かったような気がします。

 画面と本体を傷つけたくないので、おまけとして画面シートとケースの開封も行っていこうと思います。

 まずは、画面シートから…

 私が今回買ったのは、こちらの商品です!

 ブルーカット仕様になっており、目の疲れを軽減してくれる画面シートとなっています。

 中身はこんな感じです!

〈同梱品〉

  • 画面フィルム
  • 保証書兼説明書
  • 取り付け時用画面クリーナーセット

 黒い袋が、取り付け時にほこりやゴミを取り除くためのクリーナーセットになります。

 ちなみに中身はこんな感じになっています。

  • マイクロファイバークロス
  • ほこりやゴミ用のシール
  • ウェットタイプのクリーナー

 たいていの画面シートを買った際についてくるものと、さほど同梱品は変わりません。

 では、さっそく貼りつけていきたいと思います。

 ジャン!

 写真ではとても綺麗に画面シートを貼れているように見えますが、実は少し気泡が入っています。

 私は、この画面シートを貼る作業がかなり苦手かつ気泡が凄く気になるタイプで、ちょっと納得がいっていない仕上がりです。

 ただ、今までの画面シートに比べ、気泡が入りにくい商品だとは感じました。

 続いては、ケースです!

 ケースはこちらのネイビーのものを選びました。

 箱には入っておらず、袋で包まれた簡易的な包装となっています。

 袋を外してみます…

 表面はiPadケースによく使われる合成皮革のような素材で、裏面は半透明のプラスチック素材となっています。(裏面がプラスチックなのは驚きました…ちゃんと買うときに説明を読んでいなかったのが仇になりました泣)

 ケース自体の重さは、とても軽いめとなっています。

 また、表面に関しては指紋がつきにくい仕様になっています。(どうやら、裏面も指紋のつきにくさを推しているようですが、結構指紋が目立ちました…私の手汗がひどいせいなのか…)

 内側も見てみます!

 内側は、表面とは打って変わり、鮮やかな青色・マイクロファイバー素材となっています。

 裏面の方は、外側と内側が同じ感じです。

 実際にケースを取り付けてみます。

 ぴったり良い感じにつけることができました。

 一つ注意点としては、iPadの側面の音量調節ボタンの出っ張りがケースにつける時に引っかかってしまい傷がつく可能性があります。

 なので、音量調節ボタンをケースの穴に入れてから、はめ込むようにした方が良いかもしれません。

 ここまで、iPadの開封をしてきました。

 総じて言えることは、無駄な機能が省かれてコストが削減されているということとイヤホンジャックやホームボタンが残されていることが良い点だと思いました。

 ただ、充電ポートが今だにLightningが採用されているのは少し残念なポイントだと思います。

◇メリット・デメリット

 実際に使ってみて感じたことをふまえつつ、メリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

○メリット

◎コスパ最強

iPad(第9世代)の最大のポイントは、なんと言ってもコスパが良いことです。

 というのも、性能を追求するあまり高額化しているタブレットやスマホの中で、このiPadは約4万円で購入できます。

 そのため、Apple製品の中でダントツにコスパが良い商品と言っても過言ではありません。

 また、値段を抑えているにもかかわらず、他の商品に引けを取らないくらいの性能を持っているので、タブレット界の中でもコスパが良い商品と言っても良いでしょう!

 私が購入したポイントも、このコスパの良さが最大の決め手です。

◎画質の良さ

→以前、iPad Proを使っていたのでiPadの画質はある程度目をつぶろうと思っていました…

 しかしながら、実際に使ってみると想像以上の画質の良さでびっくりしました。

 調べてみると、IPSテクノロジー搭載10.2インチLEDバックライトMulti-Touchディスプレイを採用しており、2160×1620ピクセル解像度264ppiというのだから画質が綺麗なのも当然でした。

 このiPadを使っての動画鑑賞は凄く良いです!

◎残り続けている有難い機能

→進化するということは、その反面古いものが捨て去られていくということです。

 そのため、Apple製品もホームボタンを無くして画面を広くする流れになっています。

 しかしながら、このiPadはホームボタンを残した仕様です。

 最近では、マスクの装着が常になっているので顔認証がしにくくなっており、ホームボタンを残して指紋認証を採用している点はとても有難いポイントだと思いました。

 また、個人的にはイヤホンジャックが残されているのも嬉しいポイントの一つです。

●デメリット

▲充電がいまだLightning

→充電ポートがtypeCに集約されている流れの中、いまだLightningを採用しているのは少し残念なポイントです。

 仮に充電ケーブルが断線した場合、iPadのためだけに買い替えないといけないというのはデメリットだと言えます。

▲画面の枠がある

→個人的にはあまり気にはしてませんが、画面に枠が消えたタブレットやスマホが主流の状況では画面が小さく見えると不満を持つ方も少なからずいるのではないかと思っています。

 気にはしていないものの、やはり枠があることで画面に窮屈さがあるのは間違いないです。

◇商品情報

  • 【商品名】:iPad9(iPad第9世代)
  • 【ブランド】:Apple(アップル)
  • 【カラー】:スペースグレー・シルバー
  • 【サイズ】:縦250.6mm×横174.1mm×幅7.5mm
  • 【重さ】:Wi-Fiモデル 487g・Wi-Fi +Cellularモデル 498g
  • 【ディスプレイ】:10.2インチ Retinaディスプレイ
  • 【価格】:39800円〜(Apple公式価格)

※詳しくは、最後にApple公式サイトのリンクを載せておきますのでそちらからどうぞ!

〈画面シート〉

  • 【商品名】:ブルーライトカット iPad 10.2ガラスフィルム
  • 【ブランド】:GUANBO
  • 【素材】:ガラス・強化ガラス
  • 【硬度】:9H
  • 【梱包サイズ】:29.2×21.2×1.2cm、200g

〈ケース〉

  • 【商品名】:ProCase iPad 10.2ケース
  • 【ブランド】:ProCase
  • 【素材】:ポリウレタン
  • 【商品サイズ】:24.89×17.27×0.74cm
  • 【重さ】:141.75g

◇まとめ

 今回は、2ヶ月前に買ってやっと届いたiPad(第9世代)をレビューしてきました。

 iPad(第9世代)は、非常にコスパが良いということとホームボタンやイヤホンジャックが未だに残されているのがポイントです!

 動画編集などの重たい作業には向いていませんが、その他のネット検索・動画鑑賞・音楽鑑賞・メモなど通常のタブレットとして使うのであれば申し分ない商品だと思いました。

 私は、これからデザインの方にも力を入れて行こうと考えているので、このiPadを最大限活用していこうと思います。

 もうすでに素晴らしいiPadですが、今後のiPadの進化にも目が離せませんね…

 最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 ※iPadについてさらに詳しく知りたい方はApple公式サイトをご覧ください→Apple公式サイトはこちら

Follow me!

PAGE TOP