絵本で分かりやすく解説!『カメラ初心者のカメラの構え方』

写真がブレたりボケていたりするのは、カメラの構え方に問題があることが多いんだ!

今回はカメラ初心者のカメラの構え方について解説していくね✨

◇絵本で分かりやすく解説!『カメラ初心者のカメラの構え方』

◆カメラの構え方が重要な理由

カメラ初心者の撮った写真がブレたりボケたりする理由のほとんどは、カメラが固定されていないからが多いんだ!

・写真がブレたりボケたりする!

   ⬇︎ 理由のほとんどが…

× カメラがしっかり固定されていない構え方をしていて、写真を撮るときにカメラが動いてしまっている!

   ⬇︎ つまり

⚪︎カメラの構え方をしっかりとすれば、ブレた写真やボケた写真が少なくなる!

◆カメラの構え方解説

では、さっそくカメラの構え方を解説していきます!

カメラを構える時、カメラが横なのか縦なのかで構え方が変わってくるよ!

・カメラの構え方は、主にカメラが横向きの場合と縦向きの場合の2パターン

ボタン(シャッターボタン)の位置の関係上、横向きと縦向きの構えの形は変わってきます

 しかし!気をつけないといけないポイントは同じです。

○わきを閉めてカメラを固定!

×カメラ初心者の多くは、腕が上がり脇が開いているケースが多くみられます…

→これだと、カメラがしっかり固定できず写真を撮るときにカメラが動いてしまう可能性が高くなります!

⬇︎なので

⚪︎わきを閉めてしっかりカメラを固定させてから撮りましょう!

○ボタンを押さない方でしっかりカメラを支える

×カメラ初心者はレンズのズームに意識が行きすぎて、ボタンを押さない手でレンズだけを持ってしまいがちです…

⬇︎ よりカメラを固定するために

⚪︎レンズのズームは、人差し指と親指で行い手のひらの端をカメラのボディを支えるのに使いましょう!

○下半身もしっかり固定

×上半身だけ意識して固定した構え方をしていても意味がありません…

 ⬇︎ 下半身もしっかり意識

⚪︎立って撮影するときは、肩幅くらいに足を広げ、片方の足を下げて構えましょう!

⚪︎立ちより少し低い位置で撮影する際は、片膝をついて撮影することを勧めします!

⚪︎座っての撮影は、体が動かないのであればどんな座り方でも大丈夫です!

○構え方に自信がない人のために

構え方に自信がない人は、三脚や一脚を使って撮影することを勧めします!

▽参考までに実際に使って良かった三脚

1つで三役をこなす三脚『SLIK STAND POD GX-N』

○できたらなおより良い!ファインダーを見ていない方の目も開ける

⚪︎初心者にはなかなかすぐには難しいのですが、カメラのファインダーをのぞいているときに、のぞいていない方の目も開けているとなお良いです!

→理由としては、自分の周辺の状況を見ることができ、撮影に集中しすぎていて人にぶつかるなどの事故がなくなります。

 また、ファインダー上では見えていない部分が見えることで、動きのあるものの撮影が撮りやすくなることもあります!

◇まとめ

この構え方じゃないといけないわけではないけど、初心者のうちはこの構え方をおすすめするね!

慣れてきたら、自分の撮りやすい構え方を見つけてやっていくといいよ!

それでは、次回もまた会おう!バイバーイ✨

Follow me!