ネック・ハンドどちらも同時に出来るカメラストラップ『anchor links』と『clutch』

 カメラで写真を撮る時の移動には、カメラストラップが必要不可欠です。カメラストラップなしでずっと手に持って移動は不可能に近いでしょう。

 大抵の人は、カメラ購入時に付属している純正のカメラストラップを首にぶら下げ移動しているのではないでしょうか。

 カメラ購入時に付属しているネックストラップは、カメラが落ちる心配を少なくし、両手が空くというメリットもあるので普段使う分には然程問題はありません。

 しかし、私はネックストラップをつけたまましゃがんだ時、下のものにカメラをぶつけることやぶらぶらして周りのものにぶつけてしまうことが凄く嫌だったのでハンドストラップに変更することにしました。

 ストラップにお金をかけたくなかった私は、Amazonで安いInnensのハンドストラップを購入して使用しました。

 このハンドストラップは、落下防止のため手首までも固定できるストラップで、値段は、900円前後でした。

 値段が安く、落下防止を考慮した安心度高いハンドストラップを購入しました。

 使い心地は、ハンドストラップとしてはとても使いやすく、簡単に取り付けれるのでとても良い商品だと感じました。

 また、ハンドストラップの特徴のカメラに手を固定するという点で写真を撮る時の手ブレも軽減でき、変更メリットを味わうことができました。

 しかしやっぱりここでも、使う上で問題が出てきたのです。

 それは、ハンドストラップでカメラが手に固定されている為、片手が塞がれてしまうという点です。

 撮影に出た際、フィルターの交換やストロボの取り付けなどの周辺機器の取り替え、メモ、スマホで調べ物をしたりとカメラを使いながら違うことを同時に行うことが多くあります。

 そのため、常に片手が塞がっているのは致命的でした。

 そんな問題に悩んでいる時、ある商品がこの問題を解決してくれました。

 それがピークデザインの『anchor links』と『clutch』です。

 この商品は、ネックストラップハンドストラップ同時につけることができ、ネックストラップとハンドストラップの両方のメリットをあじわうことを可能しているのです。

 これから、このanchor linksclutchの2つの商品の良さを紹介しようと思います。

◇anchor links

 → anchor links(アンカーリンクス)とは、ピークデザインのカメラストラップクイックコネクタのことです。

 カメラに取り付ける丸い部品をアンカーといい、それにストラップにつける部品とセットにしたものがanchor linksといいます。

〈入っているもの〉

  • アンカー(カメラに取り付ける部品)×4
  • ストラップにつける部品×2

※価格は、2700円前後

 カメラとネックストラップの付け外しを容易にする為のツールですので、このanchor linksだけでは、本領を発揮できません。

 しかしながらanchor linksをつけることで、持ち運び時や保管時でかさばるネックストラップをカメラ本体から取り外し出来るようにするので、持ち運びや保管の時のかさばりをなくせるとても便利な商品です。

◇clutch

 → cluch(クラッチ)は、ピークデザインのカメラハンドストラップです。

〈入っているもの〉

  • ハンドストラップ
  • 4㎜六角レンチ(カメラに固定するときに使用)
  • 予備アンカー
  • ステッカー

※価格は、5200円前後〜5800円前後

 おしゃれなデザインと取り外しを可能にしたハンドストラップです。

 さらに、アンカー装着部分が多くあるのでネックストラップとハンドストラップストラップの同時装着ができるという点が素晴らしいポイントとなっています。

◇ネックストラップとハンドストラップの両方装着

 『anchor links』と『clutch』の両方を使用するとネックストラップとハンドストラップの両方をカメラに装着することができます 

 これによって可能になった事は、移動時にネックストラップでカメラを支え、撮影時にハンドストラップにすることができます。

 つまり、移動時は両手が空き状態になり、他のことをしながらカメラの撮影ができるようになります

 撮影時は、ハンドストラップで固定されているので安定した撮影とカメラの落下リスクを減らすことができます。

 実際に使用してみて感じたのは、少し不恰好ではあるが利便性はかなりのものと感じました。

 また、取り外しがすぐにできるのでネックストラップだけやハンドストラップだけでの撮影を可能にし、色々なパターンの撮影に対応しやすくなったと感じました。

 はじめに述べたストラップに値段をかけたくないという点とは、矛盾になってしまいましたが価格相応の働きを見せる商品だといえるでしょう。

 買って満足する商品で間違いありません!

◇まとめ

 何に関してもアクセサリーにお金をかけたくないという本心がありましたが、安いものを買った時に後悔するアクセサリーも存在するということを、今回学ぶことができました

 また、何処を切り捨てどこにコストをかけるのかを考えていく事もカメラの上達に必要であることも感じました。

 とにかく皆さんも情報収集し、良いものを使い、良い写真を撮っていただきたいと思います。

 私も良い商品があればバンバン投稿し、皆さんに伝えていきたいと考えています。

 これからの投稿も是非読んでいただきたいです。ありがとうございました。

《撮影機材紹介+関連記事》

・カメラボディ:SONYα7III

https://friendtree.jp/camera/sonya73/

・使用レンズ1:SONY FE 24-105mm F4 G OSS(SONYの標準レンズ)

https://friendtree.jp/camera/sony-sel24105g/

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン クラッチ CL-3

【国内正規品】PeakDesign ピークデザイン クラッチ CL-3

5,007円(07/29 08:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!