手軽で簡単にカメラを保管するドライボックス

 カメラで良い写真を撮るためには、明るさの調節や構図、レンズの選択など写真を撮るときには色々と気をつけることがあります。

 しかし、カメラ初心者や趣味で行っている人の多くがカメラの保管までには気を使っていないのでは?

 カメラの保管も立派な良い写真を撮るための秘訣と言えます。

 なぜかと言うと…カメラは乾燥していない場所で保管するとカビてしまうのです‼︎(レンズも同様)

 カメラやレンズにカビが生えると、写真にゴミが写ったようになったり、ぼやっとした写真になりクリアな写真が撮れなくなります。

 またピントが合わなくなる可能性もあるのです。

 そんな、カビですが気温5〜35℃で湿度60%以上で発生します。

 この条件は、日本の気候が当てはまり、カメラにカビが生える可能性が非常に高いといえるでしょう。

 しかも、カビが一度生えると取り除くことができなく、専門の業者に頼んだら高額の費用がかかってしまいます‼︎

 つまり、カメラにカビを生えないように前もって予防するのが最善の策といえます。

 予防法としては、防湿庫を購入して保管するのが一番良いです。

 しかし、カメラの初心者や趣味でやっている人にとっては、コストがかさみスペースをとるため場所にも困ってしまうことになります。

 本格的にカメラをしていない人にとっては防湿庫の購入は悩ましい点と言えるでしょう。

 だから言って、カメラバックで保管するはかなり危険です。

 そこで、本格的にカメラをやってない人向けで簡単・お手軽に保管できる商品を紹介したいと思います。

◇簡単・お手軽カメラ保管ボックス

HAKUBA ドライボックス NEO

 HAKUBA ドライボックス NEOは、カメラやレンズ、フィルム、CDやメモリーカードなどを湿気やほこりから守る保管ボックスです。

  • 容量】…5.5L、9.5L、15L
  • カラー】…クリア、スモーク
  • 価格】
    • [5.5L]…希望小売価格2160円(税込)WEB販売価格1730円(税込)
    • [9.5L]…希望小売価格2592円(税込)WEB販売価格2070円(税込)
    • [15L]…希望小売価格3996円(税込)WEB販売価格3190円(税込)

 今回は、私が購入した5.5Lの紹介をしていきます!

◇HAKUBA ドライボックス NEO 5.5L

 私は、AmazonでHAKUBA ドライボックス NEO 5.5L+乾燥剤+他メンテナンス3点セット防湿庫HTMB-YMを購入しました。

《商品情報表》

〈項目〉 〈内容〉
大きさ 縦33.2×横22.9×高13.9㎝
重さ 約794g
カラー スモーク/クリア
容量 5.5L/9.5L/15L
  • 《入っているもの》
    • ドライボックスNEO5.5L
    • 乾燥剤キングドライ15…2個
    • ブロアーブラシ
    • レンズクリーニングペーパー100
    • 液晶用クリーニングペーパー

《感想》

 なんといっても、このHAKUBA ドライボックス NEO 5.5Lは、2000円弱でカメラの保管ができるという点が大きく評価できます。

 また、密封する為のパッキンが付いている点、乾燥剤を入れるスペースがある点は高評価できるポイントとなっています。

 まさに、コストパフォーマンスの良いカメラ保管ボックスと言えます。

 置き場所も箱なので困る事は無いでしょう。

 これなら、趣味でカメラをやっている人にも手軽で簡単にカメラの保管ができるのでかなりオススメします。

まとめ

 100均でも乾燥剤やクリアボックスなど代用できそうなものは、あると思いますが、やはり隙間などがある為しっかり密封状態を作れずカビの発生の可能性が高くなってしまいます。

 防湿庫まで買うのを強要はしませんが、HAKUBA ドライボックスでカメラを保管することを強くオススメします。

 カメラを上手になるには、撮る時だけでなく保管などのアフターケアまでも気にかけていかなくてはいけないと思います。

 これからは私も、カメラのケア面もより一層注目していこうと考えています。

 皆さんのカメラは大丈夫でしょうか?

 今回も見てくれてありがとうございました。

 

Follow me!