100円均一にある面白いスマホレンズ(魚眼タイプ)開封レビュー

 100円均一の商品の進化は、目まぐるしいものがありますね…

 ちょっと、100円均一の店内をブラブラしていると面白いものを見つけました!

 それが、ダイソーのスマホレンズ(魚眼タイプ)です。

 スマホに挟むだけで、魚眼レンズとして使える優れものです。

 それでは紹介していこうと思います。

◇100円均一にある面白いスマホレンズ(魚眼タイプ)開封レビュー

 ダイソーのスマホレンズ(魚眼タイプ)は、店内のスマホ関連・カメラ関連コーナーに置かれています。

 オレンジ色の派手な袋“D”の青いマークが左上に入っているのが特徴です!

 ※ちなみに、このオレンジの袋と“D”の青いマークの商品はいくつかあり、シリーズ化されているみたいですのでしっかりと商品と商品名を確認してください!

 さっそく、開けてみましょう!

 袋を開けると、クリップのような形状のものが出てきます。

 大きさは、それほど大きくありません…

 この部分だけ見ても特徴が分かりにくいので、違う角度で撮ってみました!

 少し斜め上から撮った写真です。

 クリップ上の形状がよく分かると思います。

 そのクリップ形状の上についている丸い部分がレンズになっています。

 レンズには、ゴム性のキャップが付いた状態で袋に入っていました。

 レンズを傷つけない小さな工夫ありがとう…

 キャップを外してみます!

 レンズが見えてきました!

 見た目、結構カッコいいと感じました。

 ちなみに、カラーが何種類かあるので探してみてください…(全部の色を把握することが出来ませんでした…すみません)

 私は、赤色を選びました!

 黒と赤の組み合わせは、もう間違いないですね…

 100円均一なので仕方ない部分かも知れませんが、レンズの中に購入当初から埃が入っていたのが少し気になりました…

 それでは、スマホにつけてみましょう!

 ジャーン!

 少しカッコよく撮ってみました。

 ちなみに私はiPhone11proを使っているのですが、レンズが三つついていることもあり、この魚眼レンズとの相性が悪かったです。

 そのため、今回はiPhone11をお借りして撮影しています。

 多分相性がいいのは、レンズが一つのスマホかも知れません!

 装着のしやすさは、クリップ形式なので簡単につけることが出来ました。

 次は、実際にこの魚眼レンズを使って写真を撮ってみます。

◇100円均一にある面白いスマホレンズ(魚眼タイプ)で実際に撮ってみた!

 このダイソーのスマホレンズ(魚眼タイプ)を装着した状態で実際に撮って見ることにします。

 分かりやすいように、装着前と後の写真を並べてみます。

 こんな感じですね…

 球体の中に入っているような感じと広角になっているのが特徴的です。

 若干写真鮮明さは落ちています。

 また、写真の中にレンズの縁が少し映ってしまうのも、ちょっと気になります…

 もう一パターン撮ってみました!

 やはりそうですね…若干鮮明さがかけてシャープさも落ちています。

 しかし、写真の面白さは感じることが出来ます。

 よくよく考えると、100円で魚眼レンズを使えると考えると、“100円均一の凄さ”を感じることが出来ます。

 最後に、ちょっと本気で撮った一枚があるので見てください!

 魚眼レンズの特性を活かして、花を離して配置して広い範囲がぎゅっと集まった感を表現してみました!

 また鮮明さとシャープさが若干弱いので、あえて編集でフェードをかけて柔さを演出しました。

 もう少し極めればもっと面白い写真が撮れるのではないかと感じています。

◇まとめ

 100円均一にスマホレンズ(魚眼タイプ)が、置かれるようになったという点には驚かされました。

 やはり、技術がどんどん進歩しているのだと思いました。

 今回紹介したダイソーのスマホレンズ(魚眼タイプ)は、本格的に写真を撮りたい方には鮮明さとシャープさが若干弱い点縁が映る点でおすすめは出来ません。

 しかし、100円で面白い写真が撮れるという点では、評価に値するスマホレンズだと思いました。

 100円均一のこれからの発展が楽しみでしょうがありません!

Follow me!