カメラマン・モデル必見!ポートレートの基礎本『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』

 ポートレート撮影には、ライティングとポージングが最重要です!

 今回は、ポージングだけにフォーカスを当てた本を紹介していこうと思います。

 本のタイトルは、『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』

 ポートレート撮影の基礎を学ぶ教科書となっているので、人物撮影が好きな方やカメラマンを目指している方、さらにモデルを目指している方には特におすすめしたい本となっています。

 それでは、『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』のご紹介をはじめていきます。最後までどうぞご覧下さい!

◇カメラマン・モデル必見!ポートレートの基礎本『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』

ポイント①:写真と図で分かりやすい!

 ポージングの知識は、言葉だけでは理解しにくいものです。

 『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』では、モデルさんのポージング写真を中心に構成された本なのでポージングを理解しやすい仕様になっています。

 また、ダメな例のポージング良い例ポージング写真を並べて載せてあるので、何処がダメなのかや何処がポイントかが分かりやすくなっています。

 さらに、モデルのポージングしている写真の上に矢印などのを書いてくれているので重心や体の向きなどのポイントをしっかりと理解できます。

ポイント②:カメラマンとモデルの共同著書!

 カメラの本というのは、大体がカメラマンの目線で書かれているものが多いです。

 その点『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』では、カメラマンとモデルの共同著書であるので撮り手と撮られ手の両方の目線で学ぶことができます。

 なので、カメラを上手くなりたい人だけでなくポーズが上手くなりたい撮られ手側にもおすすめできる本だと言えます。

 また、両方の目線で書かれていることでカメラマンはモデルのことを理解でき、モデルはカメラマンのことを理解できるのでポートレート撮影時にスムーズかつよりよい作品づくりにつながると思います。

 本書内で書かれている「HINT」という項目でカメラマン目線のポイント、「麻里のひとこと」という項目でモデル目線のポイントが書かれているので購入した際はチェックしてみて下さい!

ポイント③:COLUMNというページが為になる!

 各章の最後のページに「COLUMN」というページがあります。

 こちらでは、ポートレートの撮影マナーが書かれておりポートレートの撮影時にやってはいけないことが1ページにまとめられています。

 知識があってもマナーがなくては、良い写真は撮れません。

 なので、ポージングの知識を学びながら一緒に学んで欲しい内容となっています。

ポイント④:撮影前の準備が載っているのは有難い!

 撮影前の準備としてポートレート撮影に必要なアイテムを本書では載せてくれています。

 この内容がもし載っていなかったら、たぶんカメラ機材だけを持って撮影に行っていたことが予想できます。

 実際にやっていないと分からない撮影時に必要なアイテムを本を読むだけで学ぶことが出来るのは、とても有難いポイントです。

 また、ポートレート写真の良し悪しに重要な要素である表情を良くする準備運動まで載せてくれているので、とても有益な情報が載っている本だと言えます。

◇『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』の基本的情報

美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書〈女性モデルの魅力を最大に引き出すポージングのルールとテクニック〉

 『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』は、ポートレート撮影で重要なライティングとポージング!

 その、ポージングだけをまとめたポージング基礎の本です。

 『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』では、カメラマンとモデルの共同著書となっているので撮り手と撮られ手の両方の目線で書かれています。

 まさに、ポートレートの入門書と言っていいでしょう!

  • 著者 薮田織也・清水麻里
  • 発行 株式会社エムディエヌコーポレーション
  • 発売 株式会社インプレス
  • 価格 2000円+税
  • 全 143ページ

◇『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』の内容の構成

1、美しいポージングをするためのコツ

 →こちらの章では、「立ち」・「座り」・「寝」の3大ポージングの説明や重心の場所体の面と線を意識することなどのポージング全体の基礎を中心にまとめられています。

 ポージングをする上での注意点やポイントなど初歩の初歩段階の内容となっていますので、ポージング知識の土台部分と言って良いでしょう。

2、各ポージングの基礎

 →「立ち」・「座り」・「寝」の3大ポージング体のパーツごとに分けたポージングの基礎注意点を解説した章となっています。

 この章で身に付けた知識を応用させて色々なポージングにしていきますので、『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』の一番肝となる章と言っても過言ではありません。

3、シーン別ポージング実践編

 →想定された撮影シーンごとのポイント撮影の流れ実践形式でまとめられた章となっています。

 例にあげられている撮影シーンは、ピンポイントなシーン設定となっていますが、使われているテクニックやポイントは凡庸性が高く、それを派生させて自分の撮影の役に立つものとなっています。

 また撮影の流れも一緒に書かれているので、どのような順番でポージングをつけ写真を完成させていくかを学ぶことができます。

4、ポージング準備編

 →良い表情をつくるための準備運動撮影時に必要なアイテムメイクポートレート撮影に取り掛かる前の準備についてまとめられた章となっています。

 ポートレート撮影は、ポージングテクニックだけが重要なのではなく前準備から重要となっているので身に付けておきたい知識の内容となっています。

 プロで数々のポートレート撮影を行ったから分かる初心者では分からないモデルへの気遣いを学ばせてくれます。

5、魅せる写真にするための知識

 →今までの章で学んだポージングをより引き出して魅せる写真へとするテクニックをまとめた章となっています。

 内容としては、フレーミングや光、色彩や明度を駆使して魅せる写真へとグレードアップさせるテクニックがあげられています。

◇まとめ

 これらのように『美しいポートレートを撮るためのポージングの教科書』は、ポートレートの基礎であるポージングの知識を詰め込んだ素晴らしい本であるのが分かったのではないでしょうか…?

 そのため、ポートレートカメラマンを目指す方やモデルを目指している方には、必ず読んで頂きたい本と言えるでしょう!

 また、カメラマンやモデルを目指していない方でも、日本人のようにキチッとした集合写真で育って来てポーズが苦手な方にもおすすめしたいと思います。

 この本を読むことで、「写真うつり悪いんだよね…」という方の悩み解決にもつながると思っています!

 次回も素晴らしい本を紹介していこうと思うのでよろしくお願いします。

 ありがとうございました…

Follow me!