Instagramで売れる商品写真にするための一冊!『インスタグラム商品写真の撮り方ガイド』

 商品を売るのにSNSの広告が重要度を増している現在、良い商品写真が必要不可欠です。

 中でも、Instagramは写真中心のSNSですので、良い商品写真である事は絶対条件と言ってもいいでしょう。

 そこで出てくる悩みが、

 「良い商品写真を撮るにはどうしたらいいのだろう?」

 「Instagramで売れる商品写真とは、何?」

 …などでしょう。

 そこでこの悩みを解決してくれるのが…

 『インスタグラム商品写真の撮り方ガイド』です!

 実際に活躍している3人のインスタグラマーによって解説されている本となっていますので、Instagramで売れる商品写真になること間違いなしでしょう!

 また、Instagramで広告をうたない人でも、みんなに見られるInstagramの写真へとレベルアップすること間違いなしです。

 Instagramを使っている人、みんなにオススメしたい本となっています。

 それでは、さっそく紹介していきます。

◇Instagramで売れる商品写真にするための一冊!『インスタグラム商品写真の撮り方ガイド』

◆おすすめポイント①「初心者でも分かる内容から教えてくれる!」

 カメラレンズの付け方やシャッターの押し方など省略されがちな情報まで載せられていて、初心者にはとても有難い本となっています。

 知識を持っている人からしたらいらない情報だと思うと思いますが、カメラ初心者には分からない点かもしれません。

 なので、とても初心者に寄り添った本だといえます!

◆おすすめポイント②「見やすい本の構成」

 参考書というものは、字がぎっしり並んでいたり、配置が単調であったりと読むのがしんどいものが多いです…

 その点、この本は空白が多い文章が短く簡潔なまとめ少し変わった配置とても見やすい構成で作られているのが特徴です!

 参考書は、最後まで気持ちよく見れるのが結構大事なので、この本は見やすくてすんなりと最後まで読む事ができます。

 また、ポイントとなる内容はマーカーで印が付けられているので、重要なところもすぐに分かります

 見やすい・分かりやすい本は、良いものですね!

◆おすすめポイント③「インスタグラムだけにとどまらない知識」

 この本の内容は、インスタグラムだけにとどまらない知識が詰められています

 例として「商品はどんな魅力があるか」「誰にとっての魅力なのか」「どんなシーンで使われるか」などを考えるのは商品を売るときのマーケティングにもつながってきます

 また、色の組み合わせや物の配置などは、広告デザインにつながってくる知識になります。

 このように、インスタグラムだけにとどまらない知識が詰まった有益な本だと言えるでしょう!

◇『インスタグラム商品写真の撮り方ガイド』の基本情報

インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

 『インスタグラム商品写真の撮り方ガイド』は、インスタグラムでの効果的な広告になる商品の撮り方をインスタグラマーの6151中野晴代もろんのんの3人の方達によって解説された本となっています。

 インスタグラムだけでなく商品写真全般の知識も詰め込まれた1冊となっています。

  • 著者 6151・中野晴代・もろんのん
  • 監修 スナップマート株式会社
  • 企画・構成 中野僚
  • 発行者 片岡巌
  • 発行所 株式会社技術評論社
  • 印刷・製本 株式会社加藤文明社
  • 価格 1980円+税
  • 全国 158ページ

◇『インスタグラム商品写真の撮り方ガイド』の内容構成

◆CHAPTER1:売れる商品写真の組み立て方

 インスタグラムに投稿する商品写真は、なんとなく撮ったものではダメです。

 インスタグラムから商品を買ってもらえるような写真はどんな物なのか?どの層に向けて商品の魅力をアピールするか?などの売れる商品写真の組み立てる構想段階についてまとめたチャプターとなっています。

 インスタグラムだけの知識でなく、マーケティングや広告デザインの知識も学べる内容となっています。

◆CHAPTER2:商品撮影の基本を知る

 カメラレンズの付け外しやシャッターの押し方など初歩的な内容から露出やホワイトバランスなどのカメラ設定の基本、光の基本的な考え方がまとめられたチャプターとなっています。

 「カメラを始めたばかりです!」という方でも理解できる内容となっています。

◆CHAPTER3: パソコンで商品写真を美しく仕上げる

 商品写真で重要になってくるのが、撮影後のRAW現像作業です。

 撮影時にできなかった露出や色調の調整、フィルターなどをかけて商品をより魅力的にします。

 このチャプターでは、RAW現像作業を“Adobe Light room ClasicCC”を使って解説しています。

 内容は、Light roomに写真を読み込む作業から明るさや色の調整の各操作がまとめられています。

 また、section02〜06は、実際のシーンを想定した実践の操作の流れを載せてくれています。

◆CHAPTER4 :被写体別商品撮影テクニック

 具体的な被写体ごとの撮影テクニックを「主題と副題」・「光」・「構図」・「現像」の4つのポイントで解説したチャプターとなっています。

 このチャプターでは、数多くの被写体例をあげているので、ほぼ全てのジャンルの撮影に対応可能となります。

 CHAPTER4であげられた具体的被写体

 →雑貨・アクセサリー・コスメ・洋服・シューズ・花・料理・インテリア・カフェ・パソコン・カメラ・ワークショップ・トラベル

◆CHAPTER5 スマホで商品写真を美しく仕上げる

 iPhoneのカメラアプリや著者のインスタグラマーがおすすめするアプリ「VSCO」(明るさや色を調整するアプリ)・「Snapseed」(画面上のごみを除去するアプリ)・「RNI Films」(フィルムのような加工を施すことに特化したアプリ)の紹介を通じて、スマホで商品写真の現像する知識を身に付けるチャプターとなっています。

 パソコンでの現像が難しいと感じる方やパソコンを持っていないという方は、参考にして欲しい内容となっています。

◇まとめ

 このように、インスタグラムで広告をうつ人は、必ずと言っていいほど読んで欲しい本となっています。

 また、インスタグラムを使っている人みんなにたまになる内容になってますので、是非とも読んでいただきたいです!

 SNSを制するものは、今の時代を制する!

 私は、そう思って日々勉強しています。

 これからは、カメラにまつわるSNSやアプリなどもご紹介できたらと考えていますのでよろしくお願いします。

インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

6151, 中野 晴代, もろんのん
2,178円(05/09 06:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

Follow me!